mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

投打がかみ合うとはこのことか 久しぶりの完勝





今日の午後はイースタンリーグの試合があり、ベイスターズは西武に5-1で快勝した。


先発の石田裕太郎投手はドラフト5位で中央大学から入団したばかりの新人だが、力のあるストレートと落ちの良いシンカーの制球が素晴らしく、大崩れしない投球術を身につけているようだ。


今日は6回、プロ入り後の自己最多となる109球を投げて被安打5、与四死球3、失点1で勝利投手となった。


今は徐々にイニング数を伸ばしている段階のようだが、今シーズン中に1軍デビューの可能性もあるだろう。


打者の左右を問わず、両コーナーにストレートを投げ込むことのできる再現力の高さは「勝てる投手」の要件の一つだと感じている。


新人野手の方もこの日、度会隆輝、石上泰輝、井上絢登の3人がスタメン出場しており、いずれもファームでの打率が3割を上回る活躍を続けている。


特に井上選手は今日の試合で2打席連続となるホームランを放っており、近いうちにもう一度1軍の試合でチャンスをもらえるのではないだろうか。



さて、本題に入ろう。


今日のベイスターズの先発はアンソニー・ケイ投手。


初回は先頭の濱田選手にストレートを芯で捉えられるなど、立ち上がりこそ高目に浮いてやや甘く入るボールが多かったが援護点をもらってから大胆に攻める投球が出来るようになった。


今日の試合に限らず、ケイ投手の投球は十分にNPBで通用する力がある。


常時150キロを上回るフォーシームは打者を押し込み、ファウルや空振りでカウントを整えることができるし、曲がり幅の非常に大きいスライダー(スイーパーと言った方が良いのかも知れない)は左打者の外角、右打者の内角低めに決まって高い空振り率を示す。


これに加えて、右打者の外角に決まるチェンジアップが機能すればなかなか打ち崩すのは難しい。


8回、120球、被安打4、奪三振8、与四球1、失点0という堂々のHQSはこれらの球種を全て適正に使った結果だ。



彼はピンチになると熱くなってしまうというメンタル面が少し心配ではあるが、今日の試合では捕手の山本祐大がピンチを迎えたタイミングでマウンドに歩みより言葉を交わすなど、間をとったこともあり安定しているように見えた。


最大のピンチは4-0で迎えた7回裏、先頭の村上宗隆にツーベースを打たれた場面だったが、ここで、サンタナ、赤羽を三振で打ちとるなど、走者を進めることなく3つのアウトを取ることができた。


三振が欲しいところで狙って取ることができる、彼のスイーパーはそれだけのキレがあるボールだということだろう。


昨年以来ベイスターズの弱点と言われている所謂「裏ローテ」だが、ケイ投手が先頭で引っ張ってくれれば上位チームとも5分の戦いができそうだ。


攻撃面では、右ハムストリングの軽い肉離れで登録抹消された牧秀悟の穴を埋めるべくチーム全体が奮起し、先発野手全員の11安打、2本塁打、7得点と久しぶりに打線がつながった。


まずは2回、球威、制球共にもう一つだったヤクルト先発の小川投手から先頭の宮﨑敏郎がヒットで出塁すると続く山本祐大はサード左に強烈なゴロを放つ。


守備範囲だと思ったがバウンドが合わなかったか、サードの村上宗隆はこの打球に触れることができずレフト線を破るツーベースとなり無死二、三塁。


続く森敬斗は三振に倒れたが、スタメンでセカンドに入り、牧から「かまして来いよ」とハッパをかけられていた林琢真がインコースのボールを思い切り引っ張って一塁線うぃ抜けて行く鋭いゴロのヒット。


2人の走者が還って林も俊足を飛ばしてサードまで達した。プロ入り後初のスリーベースヒット。



続く3回には、まず佐野恵太が小川投手のカットボールを叩いてバックスクリーンに届くソロホームラン。


その後、宮﨑敏郎もアウトコースのストレートに逆らわずバットを出してライトスタンドにギリギリ届くソロホームランを放ち、4-0とベイスターズ優位の展開を決定づけた。


4回から6回は立ち直り気配のライアン小川と2番手のエスパーダ投手に三者凡退に抑えられたが、8回の攻撃で3番手の長谷川投手に対しタイラー・オースティンのツーベースと佐野恵太の四球そして筒香嘉智のセンター前ヒットで一死満塁のチャンス。





ここで、まず宮﨑の内野ゴロの間に1点。さらに、二死二、三塁で山本祐大がセンター前に運んで2者が生還した。


これで7-0、試合をほぼ決めるダメ押しの追加点となった。


9回裏には坂本裕哉が登板し、オスナ、村上、サンタナのクリーンアップを3人で打ちとりゲームセット。


ヒーローインタビューは勿論ケイ投手で、牧の不在について問われると「早く帰って来て欲しい」と言っていた。


彼の言う通りシーズンはまだ序盤で、これから巻き返すチャンスは十分にある。





佐野、宮﨑、山本のマルチを含む野手全員の11安打、ケイと坂本の完封リレーで勝ちパターンのリリーバーは温存できた。


まさに投打の噛み合った完勝で3連線の最初をとることができた。


この勢いを活かすも殺すも明日次第。


予告先発は不調で抹消されていたジャクソン投手だがファームでの直近の登板は5回、被安打4、与四球1、失点0と結果を出しており期待できそうだ。


ジャクソンも投球自体には力があり、自滅しなければ十分に通用するはずだ。


交流戦前に借金を完済するために(現時点では借金2)、明日の試合は非常に重要な意味を持つと思う。


頑張れベイスターズ!

苦労人の中川颯が新しい星になった日





甲子園で佐々木主浩と谷繁元信が抱き合って飛び上がりベイスターズの直近の優勝(最後の優勝とは言わない)が決まった1998年10月8日から2日後に中川颯投手は戸塚で生まれた。


地元ということもあり、中川投手は小学生時代からベイスターズファンだったらしい。


その頃、ベイスターズジュニアを受験するも不合格。これが最初の挫折だったかも知れない。


中学時代にはシニアチームに所属し、その頃にアンダースローに転向したということなので、下手投げ歴は長い。


中学生の投手にアンダースローへの転向を進めた方はその頃の指導者だろうか?


調べてみると、少年野球の指導者でもあったお父さんと2人で行っていた日々の特訓の中で自然に出来上がったフォームとのこと。


オーソドックスな投球スタイルで芽が出ずに消去法で選んだアンダースローではなく、なるべくしてなった自分に最もあったスタイルなのだ。


高校は県内の桐光学園に進学。桐光というのは確か桐蔭学園と関係のあった学校だったと記憶している。


桐光学園野球部も甲子園に出場したことはあるが、激戦区の神奈川県で常勝校という位置付けではないだろう。


中川投手はここでエース兼4番打者としてチームを牽引したが、甲子園には届かなかった。


高校時代に合計26本のホームランを打ったというのは今日の試合につながる異常に長い伏線だったのか。


その後、立教大では投手に専念し、4年次にはベンチ外も経験するなど好調ではなかったがドラフト4位でオリックスに入団。


オリックスでの経歴は新聞等で報道されている通り。


初年度はリリーフとして1試合のみ登板し、将来が期待されたが結局オリックスでの1軍登板はこの1回のみ。


翌2022年度は右肩の不調のためほとんど登板機会がなく、シーズン終了後に戦力外となって育成契約を結んだ。


2023年度の春はリハビリに充てたが、肩の不安のなくなった夏以降はウェスタンリーグで好投を続け、21試合、32回2/3、34奪三振、防御率1.38、WHIPは0.67という素晴らしい成績を残した。


しかし、投手層の厚さでは球界随一とも言われるオリックスのこと、再び支配下選手になることはなく2度目の戦力外を言い渡された。


思うに、このオリックス球団の判断には中川投手自身の将来への配慮があったのではないだろうか?


投手の豊富なオリックスでは今後も登板機会には恵まれないだろうが、他のチームであれば。


実際、ベイスターズの萩原統括本部長は戦力外となる可能性のある選手達の中で中川投手はリストの最上位に挙げられていた、と言っている。


こうした他球団の評価がオリックスの編成に届かないはずはない。


そして、昨年11月に中川投手のベイスターズ入団が発表され、記者会見が行われた。


本人の談話。


“地元が横浜ということもあり、実際にベイスターズのユニフォームを着てプレイすることが夢でもあったのでとても嬉しく思います。


ベイスターズは小さいときからかっこいいチームという印象がありますし、高校時代に慣れ親しんだ横浜スタジアムでプレーできることを楽しみにしています。


自分は変則投手ではありますが、ストレートの強さが持ち味だと思っています。


1998年以来の優勝に貢献できるように頑張りますので、熱い声援お願いいたします”



そして、ベイスターズには桐光学園時代にバッテリーを組んでいた大坪亮介さんがブルペン捕手兼用具担当として在籍しており、再び練習を共に行うという奇遇もある。




こうした紆余曲折の野球人生の中で苦労してつかんだアンダースローからの浮き上がる直球と精度の高い変化球、本人や周囲の人々の想いとともに中川投手はベイスターズでのキャリアをスタートさせた。


オープン戦では無失点イニングを重ねてアピールして1軍入りを果たし、当初はロングのリリーフ要員としてベンチ入り。


そこでも役目を果たし続けて、とうとう先発の機会を掴んだ。


4月30日の中日戦で先発した彼は、6回、被安打4、失点1でとうとうプロ入り初勝利を挙げた。


しかし、神様は彼には厳しく接する方針らしい。


次の先発となった5月11日の阪神戦では数年に一度というほどの強風の中でバックのエラーにも影響されたが、近本選手の満塁ホームランもあって3回、被安打10、9失点という屈辱のノックアウトをくらった。


マウンドを降りる時の中川投手の目は心なしか虚ろで、私は彼のメンタルを心配していた。


実際、それから1週間は悔しい時間を過ごし、ベイスターズのメンタルトレーナーである遠藤さんとも話をするなど精神面でのケアを受けていたようだ。


前置きが長くなってしまったが、今日、マウンドに立った中川颯と彼の周囲が歩んできた時間を理解していただく上では必要だと思う。


1回先頭の岡林選手の鋭い当たりにファーストのオースティン選手が素早く反応して飛びつき、ファーストライナーでアウトにしたファインプレーもあって、今日はバックに盛りたてられた。


初回は福永選手と細川選手にヒットを許したが無失点で切り抜け、その後、2〜4回はドラゴンズ打線をノーヒットに抑えた。



その間、ベイスターズは2回裏の攻撃で先頭の宮﨑敏郎のツーベースから山本祐大の犠牲フライで先制。


実に5月5日のカープ戦以来の先制点となった。


さらに、二死ながら京田陽太がレフト前ヒットで出塁すると、打席には桐光学園の4番中川颯。


ドラゴンズ先発の松葉投手の初球はタイミングを外すスローカーブだったが、踏み込んだ左足で壁を作り、真ん中に入ったこのボールを下から思い切り叩いた。



高く上がった打球は大きな放物線を描き、ライトスタンド中段のベイスターズ応援団席に呑み込まれて行った。


プロ入り後初めて、高校以来通算27本目のホームランはツーランホームランとなって彼自身にとってもチームにとっても大きな意味を持つ一打となった。


その後、中川投手は5回に初めてノーアウトの走者をヒットで出すと、その後もヒット2本と犠牲フライで2点を失い、3-2となったが、最後は二死二塁で福永選手をセカンドゴロに打ちとり、リードを守った。


6回にもマウンドに上がった彼は、細川、板山、ビシエドと強打の右打者2人を含む打順を三者凡退に退け、QSを達成して降板した。


その後、伊勢大夢、山﨑康晃、森原康平が1点のリードを守り切る無失点リレーを見せて接戦を勝ち切った。


初めてのお立ち台ではにかみながら笑う中川投手のフワッとした笑顔が印象的だった。



“この満員のお客さんの中でできることは幸せ。


しんどい思いも多かったけど、ここに立てていることをかみしめて今後も頑張っていきたい”




常に明るさを失わず努力する人には、神はちゃんと未来を準備してくれます


稲盛和夫


東克樹の力投が超攻撃的打線の功罪を一旦は不問に付した





今日の東克樹の立ち上がりはボールが高く、初回先頭打者の岡林選手に浮いたスライダーをセンターに運ばれ出塁を許した。


3球続いたスライダーを捉えられた形だが、このところ山本祐大捕手が同じ球種を続けて打たれる場面が目につくようになった。


配球に正解はない、とも言われるので、根拠があってのことであれば良いのだが、もし頭脳の疲労で何となく選んだ、というようなことだと少し考える必要があるだろう。


彼もほぼ正捕手という立場でこれほど続けて試合に出たことはないので、今が正念場なのかも知れない。


さて、東、山本のバッテリーは2番の山本選手を1-2から空振り三振に仕留め、落ち着きを取り戻すかと思われたが、続くカリステ選手に2-1からの4球目、外角低めのカットボールを上手くからめとるようにレフトに運ばれ、いきなり一死一、三塁のピンチを迎えた。


打席には好調の細川成也選手。


2-2までは行ったが、5球目がやはり少し高かった。


細川にライトまで持っていかれ、犠牲フライで1点先制を許した。


今日も相手チームに先手を奪われた。


ベイスターズが最後に先制点を挙げたのは5-0で勝利した5月5日のカープ戦であり、それから2週間近く常にビハインドから始まる苦しい展開が続いている。


しかし、今日は先制された直後、一回裏の攻撃でこのところ好調を持続している先頭の蝦名達夫がヒットで出塁し、その後、牧秀悟と宮﨑敏郎の連続タイムリーツーベースで2-1とあっさりと逆転して見せた。



ベイスターズは続く2回にも山本祐大と京田陽太の連続ヒットで無死一、二塁としたが、東克樹がスリーバント失敗。


難しい状況でのバントだが、自分を救うためにも決めて置きたいところだった。


次の蝦名はまたしてもヒットで一死満塁(今日の蝦名は猛打賞。対中日の打率は7割を超えたようだ)となったが、今日から1軍に復帰したオースティンが初球を引っ掛けてピッチャーゴロ。



注文通りのホームゲッツーでチェンジとなり、前回の対戦でノックアウトされたことがトラウマになっているようだったドラゴンズの先発涌井投手を助けてしまった。


その後、涌井投手は立ち直って、3回から5回までは三者凡退に抑えられ、6回に四球の走者を2人出したものの一本が出ず、得点を挙げることができない。


一方、我が社の東克樹も3回表の二死一塁の場面で山本祐大が走者の山本選手を牽制で刺すというアシストにも助けられて徐々に修正していった。


5回か7回までは4者連続三振も含めて三者凡退で切り抜け、試合は一気に投手戦の様相を呈してきた。


東は8回二死まで123球を投げ、一、三塁に残した走者は2番手の伊勢大夢が打席のカリステ選手をインコースのストレートでファーストフライに打ちとり、残塁に終わった。


このところ、球速よりも制球を重視した伊勢の好投が光っている。


今日もフルカウントからの7球目、山本祐大の要求通りにインコースの厳しいところに投げ切って打者をしっかり詰まらせた。


ベイスターズの方は8回裏に佐野恵太のヒットなどで一死二、三塁のチャンスを作ったが、山本祐大はショートにゴロにたおれた。


続く京田陽太の鋭い当たりはサードの右を破るかと思われたが、石川選手が横っ跳びで好捕するファインプレーでスリーアウト。


結局、両チームとも初回に挙げた得点のみ、2-1のまま9回表を迎えたがクローザーの森原康平はこのところ安定している。


先頭の細川成也を見逃し三振に仕留めると、続く石川とビシエドはいずれもフライアウト。


久々の勝利をチームにもたらした。



今日の試合の注目点はなんと言っても、1番蝦名の後、オースティン、筒香、牧、宮﨑、佐野と続く超攻撃的オーダーだった。


ライト筒香、レフト佐野というのはかなりリスクを背負った布陣だと思う。


この作戦は成功だったのだろうか?


直近に合流したオースティンと筒香の2人ともノーヒットだったことを考えると目に見えるメリットがあったとは言えない。


しかし、この強打者5人を並べた打線で相手投手はプレッシャーを感じ、それが初回の効率的な攻撃につながったという見方も出来るかも知れない(この辺は現状では憶測の域を出ないのだが)。


ともかく、今日のところはハマスタ10連勝、開幕投手の無傷の4連勝といういずれも球団タイの記録を達成したエース(もうそう言うべきだろう)東克樹の力投で勝ちを手に入れた。



おそらく、この週末の中日2連戦は今日と同じ打線で臨むだろうから、そこで、この超攻撃的布陣の突き抜けた威力を発揮することが出来るかどうか。


これが今シーズンのベイスターズの分岐点にもなり得るように感じている。