mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

ブルックス・クリスキー投手入団決定 活躍が期待できる理由



米国のエージェントがSNSでつぶやいていた通り、ブルックス・クリスキー投手のベイスターズ入団が決定した。


年俸およそ8000万円の単年契約で2年目のオプション権等の詳細は不明だ。背番号はまだ決まっておらず、今後公表される。


昨年フェルナンド・ロメロが入団した時に発表された彼の年俸がおよそ7000万円だったので、クリスキー投手の方が少し高いのかと思ったが、そうでもないかも知れない。


現在と一年前の為替レートを比べてみると、昨年12月が約103円/ドル、現在が約114円/ドルなので、円換算すると一見差があるようだが、実は二人とも70万ドルちょうどの年俸なのだろうと思う。


この報道を受けて、ネット上ではベイスターズファンから様々な意見が寄せられている。

主だったものは次の通り。


① 奪三振率は高いが与四球が多い。威力のあるボールを投げるがコントロールがよく無いのだろう

② AAAでは奪三振率が極めて高く被本塁打数は少ないということでかなり支配的な投球をしていたようだが、MLBでは奪三振率が低下し(それでも8以上であり十分高いが)被本塁打数が急増している。MLBレベルでは速球が通用しなかったのではないか?NPBではどうだろうか?


最初の点はその通りだろうと思う。彼の投球フォームは、フォロースルーの時に身体が大きく左に流れる(もっと言うと一塁側によろける)ので、精密なコントロールを期待するのは難しいように見える。


ただし、フォーシームの回転数とスプリットチェンジの落ちは優れているので三振奪取能力が高いと言うのもよくわかる。特に、テイクバックが小さく、バッターから見ると前腕と手首が頭の後ろに隠れてしまう、いわゆるショートアームと呼ばれるフォームから急に平均153km/hの速球が来たらタイミングは合わせづらいはずだ。


二つ目の点については判断が難しい。今シーズンの彼のAAA(ヤンキースのみ)及びMLB(ヤンキースとオリオールズ)での成績を書き出してみる。


奪三振率・・・・・・・・・・13.02(AAA) 8.74(MLB)

1試合あたりの与四死球・・・ 4.45(AAA) 4.76(MLB)

1試合あたりの被本塁打・・・ 0.64(AAA) 5.56(MLB)

被打率・・・・・・・・・・・ .155(AAA) .347(MLB)

防御率・・・・・・・・・・・ 3.81(AAA) 14.29(MLB)


このデータで見ると、MLBで特に与四死球が増えたと言うことは無いようだ。奪三振率は若干低下しているがそれでも依然高い水準にある。一番の問題は、被打率が.155から.347へ、そして1試合あたりの被本塁打が0.64から5.56へといずれも急上昇している点だ。

確かに、これを見るとクリスキー選手の投球はMLBレベルでは通用せず痛打された、と言う解釈もできる。


しかし、そう決めつける前にもう一つデータを見てみよう。これは、昨年(2020年シーズン。登板は4試合のみ)での彼の成績である。


奪三振率・・・・・・・・・・19.64(2020MLB)

1試合あたりの与四死球・・・17.18(2020MLB)

1試合あたりの被本塁打・・・ 2.45(2020MLB)

被打率・・・・・・・・・・・ .200(2020MLB)

防御率・・・・・・・・・・・14.73(2020MLB)


相変わらず防御率は悪いが、被打率は低く、また、奪三振率は4試合ながら19.64と言う見たことのない数字を表している。そして、これと同じくらいにすごいのが1試合あたりの与四死球17.18と言うもので、つまり、一イニングあたりほぼ二人は四死球でランナーを出す勘定になる。この年の彼のWHIP(一イニングあたりに出塁を許すランナー数の平均)が2.73なので、実に7割が四死球によるものということになる。


2020年〜2021年にかけてのシーズンオフにヤンキースの投手コーチが四球を減らすことを彼の最優先の課題として挙げたことは想像に難くない。


そして、練習の甲斐あって、恐らく、フォーシームはほぼストライクゾーンに投げられるようになったのではないか?

ただし、ストライクゾーンの厳しいところに投げ切れるだけのコマンド(狙ったところに投げる力)があるわけではなく、甘いコースにいったボールはAAAレベルでは押し込むことができたが、MLBではヒットやホームランとなることが多かったという仮説を立てることができる。


この仮説について、今シーズンのMLBでの彼の投球データを見てみよう。


下の図は、クリスキー投手の2021年MLBでのフォーシーム(左)とスプリットチェンジ(右)のコースの分布を示すものだ。



上の仮説の通り、彼のフォーシームはおおむねストライクゾーン内に収まっている。しかし、甘いコースが多い。真ん中近くに多くのボールが集まっているし、全体として高い。そして、スプリットチェンジはむしろ低めでストライクからボールになるものが多い。


バッターからすると、ストライクゾーンの真ん中から高めはほぼフォーシームなので狙い打ちし、低めはボールになるスプリットチェンジなので手を出さない、という簡単な戦術で対処することが可能となる。


やはり、どうも、以前は暴れていたフォーシームがストライクゾーンの甘いところに収束してきたことによってMLBでは容易に攻略された、というのが彼の2021年シーズンだったように思える。


だとすれば、やるべきことは簡単。フォーシームを低く投げられるようにすることだ。

ネット上では大家コーチにカットボールを習えという声も多いが、私は、フォーシームのコマンド力の向上を最優先するべきだと思う。


恐らくこのためには彼の投球フォームを見直す必要があるのだろう(特に、フォロースルーで一塁側によろけること)。そして、このような指導は斎藤隆コーチそして名伯楽と呼ばれた小谷正勝アドバイザーの得意とするところだ。


なーんだ。やっぱり期待できそうじゃないか。

そろそろ横浜DeNAベイスターズの創世記を再開すべき時がきた

イスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリの著した「サピエンス全史」という本はベストセラーになったし、漫画版も出たようなのでお読みになった方も多いと思う。


この本では、冒頭で、人類とその他の動物の最も重要な差異は何かということについての考察を行っていて、著者は共同作業に注目している。


とは言っても、アリから猿まで多くの動物が群れを作って共同作業を行っているわけで、共同作業を行うかどうかという点が人類とその他の動物を区別するポイントになるということではない。


共同作業を行う上で必要な意思疎通の手段の有無だろうか?それも違う。多くの動物は言語以外の方法で必要な情報を伝達する術を持っているそうだ。


問題は共同作業を行う群の規模だ。


ハラリ先生によると、人類以外の動物が一つの目標に向かって共同することのできる群の大きさは最大でも150だそうだ。この上限は、お互いに知り合いであり共通の経験を持つコミュニティの最大規模で、アリから猿まで人間以外のあらゆる動物で同じらしい。


人類はどうだろうか?ピラミッドのような巨大な建造物は数万人の作業員が共同していたし、もっと大人数の軍隊が共に戦うこともあった。さらに、国家ということになると億を超える人口が場合によっては共同することもある(コロナ禍での対策もそうだ)。


再びハラリ先生によると、あらゆる動物の中で人間だけが150人という上限を数桁超えるような巨大な集団を作って同じ目的のもとに共同できる理由は、我々人間だけが、神話、創世記、国生みの物語などの一つの虚構を集団で共有して信じることができることにあるそうだ。

同じ物語を共有することが共通のアイデンティティとなって、巨大な集団が共に働きあるいは戦うことができるようになる。


いつもながら前置きが長くてすみません。


野球チームだって一緒だ。


指導者や父兄まで含めてせいぜい数十人から百人程度の少年野球やアマチュア野球のチームは、顔を知り合っていて共同の体験をしてきたグループ、いわば「同じ釜の飯を食った仲間」としてたたかうことができる。


これが、甲子園常連の強豪や大学野球の有力なチームなどになると話は変わってくるが、彼らは、それぞれ学校という既存の集団としての物語を持っているので数千人といった応援団が駆けつけることができる。校歌や校旗そして学校の歴史といったものがこれだけの大所帯の一体感をもたらすことになる。


これに比べて、プロ野球の球団とそのファンというのは必然性のない寄り合い所帯である。ファン同士はお互いに知り合いではない場合が多い。そしてその数は数十万人から数百万人に達するのだ。


そう。プロ野球チームのファンこそ、共通の物語を必要としている。

そして、巨人や阪神に代表される伝統のチームは100年に及ぶ歴史やかつてのスター選手の偉業そして名勝負といった要素を含む彼らの物語が数百万人に共通のアイデンティティになっている。


福岡ソフトバンクや北海道日本ハムファイターズそして楽天ゴールデンイーグルスなどは新天地にチームが移転してきた時から始まった物語が地域のファンの皆さんを中心としてしっかりと共有されている。



前身の頃から既に横浜にいるが、旧親会社の見当違いな球団経営によって大洋ホエールズから続く物語もレジェント達との繋がりも失ってしまっていた我々横浜DeNAベイスターズのファンは皆で共有することのできるようなはっきりとした物語の無いまま既に10年が経過しつつある。


しかし、球団創立70周年のイベントあたりから始まったDeNA球団の取り組みは、中断してしまったホエールズ〜ベイスターズの物語をつなぎ合わせ、我々ファンが共有することのできるアイデンティティを再構築しつつあるように思う。


石井琢朗、斎藤隆、鈴木尚典、相川亮二といった球団OB等のコーチとしての復帰や、小谷正勝さんのアドバイザーとしての復帰もこうした物語の再生の一部になっていると思う。そして、外国人等の処遇や筒香らの大リーグ挑戦の容認と帰国した場合の復帰要請もDeNAベイスターズという球団の色を決めていく重要な判断だったと思う。



今オフの契約更改は最下位の割には大幅減俸は少なく、個人成績に応じてしっかり年俸アップの査定も行われているように思う。これも、我々の共有する再び始まった物語の雰囲気を醸し出している。


そう、DeNAは球団経営参入から10年をへて、止まっていたチームの物語を再びつむぎ始めることを決めたのだ。そして、私たちは、やっともう一度共通の目的のために一緒に声を出し戦う数百万人の大集団になることができる。

フェルナンド・ロメロ残留の価値



12月5日 フェルナンド・ロメロがベイスターズに残留することが決定したという情報を彼の米国のエージェントがSNS上で公表した。


年俸は115万ドル(約1億3000万円)だそうだ。今シーズンは7000万円だったので、倍増に近い。


この金額について、早くもインターネット上では妥当という意見や少しリスクのある投資ではないかという意見が飛び交っている。


私は、「お安い」と思うので、その理由を少しまとめてみたいと思う。


ご存知の通り、ロメロ投手は今年ベイスターズに入団したが、折りからのコロナ禍で入国が遅れ、しかも入国時の検査で本人も陽性と判定されたため隔離期間を経てからやっとチームと合流して練習を開始した。


初夏に一軍で先発した頃には50〜60球程度で疲れが見えていたので、やはり、調整不足だったのだろう。この頃の印象の強い人は、年俸を倍近くにまで引き上げてロメロ投手を残留させるのはリスクだと思うのもよくわかる。


その後、2軍で再調整し、大家投手コーチ直伝のカットボールや精度を上げたチェンジアップを引っ提げて1軍に復帰してからは、7試合に先発して5勝1敗の好成績を残した。

ただし、良化後のこの7試合でもWHIPは1.35つまり1イニングあたり平均1.35人 (クオリティースタートの目安とする6回だと8人) のランナーを出しているので、これが出来過ぎ、と言う見方もあるのだろうと思う。


しかし、これが本来の彼のスタイルなのだ。


下に示したロメロ投手のMLB時代のリスク管理表をみてみると、四球こそ多くランナーは出すものの、完全アウトとゴロの割合がメジャー平均を超えている。

彼はランナーは出しても失点しにくい、言わばリスク管理能力が高い投手ということができる。ゴロを奪える2シームが当時から機能していたと言うことだろう。



つまり、私は、9月以降(チームの試合数43)の好調期に見せたピッチングが彼本来の姿だと考えているのだ。

その間の彼の成績は以下の通り。


試合数 7

勝ち 5

負け 1

完封 1

投球回 48.3

被安打 49

被本塁打 2

奪三振 24

与四死球 16

失点 14

防御率 2.61

WHIP 1.35


そして、この調子を1シーズン(チームの試合数143)続けるとすると、彼の来シーズンの成績はこうなるはずだ(チームの試合数に比例した単純計算です)。


試合数 23

勝ち 17

負け 3

完封 3

投球回 161

被安打 163

被本塁打 7

奪三振 80

与四死球 53

失点 47

防御率 2.61

WHIP 1.35


ローテーション投手として十分なイニングをこなし、一人で14の貯金を作る立派な成績だ。沢村賞だって狙えないこともない大活躍と言って良いだろう。


ほらね。お安いでしょう?