mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

プロ野球は命がけで遊ぶおもちゃ

10月17日 対スワローズ(横浜) 3-7 負け


初回の京山は素晴らしかった。ストレートが走っていて、好調スワローズ打線の上位でも前に飛ばせなかった。京山の帽子の両横から飛び出して跳ねあがった髪も素敵に見えた(ウソ)。


回が進むにつれて、そうも言っていられなくなる。今日はどうも主審のストライクゾーンとのおり合いがつかなかったように見えた。


内角低めの素晴らしいストレートが何度かボールと判定されて調子を崩し始めたように思う。テレビでは、スローで見ても完全にストライクに見えたので、私は思わず、「旦那、そいつぁあんまり酷えお裁きだ。」と言った。野球の前に時代劇を見ていたのだ。


2-3で迎えた7回表、先頭の塩見に投げた2球目の外角低めのカットボールもストライクだと思った。私は思わず、「あっしらに死ねとおっしゃるんですかい?」と言った。くどいようだが、野球の前に時代劇を見ていたのだ。


腑に落ちないのは、キャッチャー山本は次に全く同じボールを要求して、案の定ボールとなったことだ。これで、0-3。結局、塩見はストレートで歩かせることになり、この走者が一死一、二塁から山田哲人のレフトへのツーベースで生還して、2-4と2点差になった。


ボールと言われればボールなのだから、それがその日のストライクゾーンと思って折り合いをつけるしか無いだろう。ノーアウトの走者を残して降板した京山の帽子の両横から飛び出して跳ねあがった髪もいけすかなく見えた(ホント)。


本当はストライクだと思ってもボール判定だった球をくり返す意味は何なのだろう。さっきはごめんね、と言ってストライクにしてくれるということがあると思うのだろうか?裁定というものは一貫性が重要なので、そういう事はないのだ。私は、つぶやく様に、「お若いの、お上にたてついちゃあいけませんぜ。」と言った。野球の前に・・・(以下省略)。


この回、山田哲人にタイムリーツーベースを打たれたのは伊勢だったが、その前に登板した櫻井が山崎に7球粘られて結局四球を出し、無死一、二塁としたのも痛かった。伊勢が山田哲人に打たれたのは内角厳しいところのストレートだったが、今の山田は手のつけられない状態なので、相手を褒めるべきだとは思う。


いずれにしても、この3人の若者たちは、今日もそれぞれに壁に挑んで跳ね返され、痛い思いをすることになった。


最近、記事を書いていて、どうも横道に逸れることが多いのだが、お許しいただいて、スケートボードのストリートという競技について書きたいと思う。


私は、今回の東京オリンピックではじめてこの競技を観たのだが(勿論、テレビで)、今までのどの競技とも違う文化や価値観に関心して、大好きになった。点数をまとめるために大事に行く、という様な他の競技にありがちなセオリーという名前の保身がほとんど無いのだ。


選手たちは常に大技を狙い、そして失敗しても、周囲は勇気ある挑戦を褒めたたえる。


考えてみると、この競技は、コンクリートと鉄ばかりの舞台でほとんど防具も着けずに、極めて高度で複雑な技を繰り出すのだ。床やレールの様なものに叩きつけられてクラッシュしている選手を何度も見た。


技を習得するまでの練習では、恐らく、皆が一度ならず競技者生命に関わる様な大怪我をしているのだと思う。実際、オリンピックという晴れの舞台で、直前の練習での怪我のために不本意なパフォーマンスしか出来なかったり、スタートするのが精一杯という選手が何人もいた。


日本の女子で第一人者である西村 碧莉選手も、直前の練習中の怪我のためにオリンピックには出られないと言われていたようで、驚異的な頑張りと忍耐で何とか出場したが、彼女の最上のパフォーマンスではなかったようだ。結果としては、彼女より若い日本の10代の選手たちがメダルを取ることとなった。


試合が終わって、インタビュアーが西村さんに、あなたにとってスケートボードはどの様なものですか、と聞いた時、彼女は全く迷うことなくこう言った。


スケートボードは命がけで遊ぶおもちゃです。


私は、スケートボードの厳しさや危険、そして楽しさ、つまり競技としての魅力がこの短い言葉につまっていると思う。


さて、野球の話に戻ろう。


プロ野球では、失敗がすなわち大怪我になるということは少ない。勿論、怪我もあるが、それよりも、プライドや周囲の期待、そして自分自身が最も大切にしているものが打ち砕かれるという精神的なものであることが多いと思う。


そして、何万人という観客の前で、何百万人というテレビの前のファンの眼前で、職業として野球をして、自分の一番得意な大事にしている唯一無二のものを打ち砕かれるというのは、場合によっては命にかかわるような一大事なのだと思う。


先程書いた若手の三人は、チャレンジに失敗したし、9回に登板してインハイのストレートを山田哲人にダメ押しのスリーランホームランにされた三嶋一輝は打ち砕かれた思いだろう。一方で、内野安打で久し振りに出塁し、神里のツーベースで一気に本塁まで駆け抜けた森敬斗の顔は楽しくて仕方ない様に見えた。


私は彼らの失敗に批判めいたことは決して言いたくない。彼らは、打ちのめされ、立ち直れないほどのダメージを負う恐怖と闘いながら、例えば、強打者の内角に渾身のストレートを投げ込むという挑戦を続けるのだ。私はむしろこう言いたい


プロ野球は命がけで遊ぶおもちゃなんですぜ。若えうちはゴン攻めしなせえ。


奇跡のリリーバー盛田幸妃は私たちと共に生き続ける

10月16日 今日は元大洋ホエールズ・近鉄バッファローズの盛田幸妃投手の7回忌だ。


盛田さんは、函館有斗高校で三度の甲子園出場を果たし、1987年のドラフト1位で大洋ホエールズに入団した。


1992年5月に先発から中継ぎに転向し、中継ぎが主戦場でありながら規定投球回に到達して、最優秀防御率のタイトルを獲得した。また、この年、自己最多でチームでも最多の14勝を挙げた。オールスターゲームにも監督推薦で初出場し、大魔神佐々木主浩とともにダブルストッパーと呼ばれた。


盛田さんは、当時では貴重だった150km/h以上のストレートを投げたが、なんと言っても高速シュートが魅力で、 厳しい内角攻めを多投することで知られた。

落合博満が最も苦手にしていた投手で、通算50打数9安打(打率.180)と完全に抑え込んでいる。盛田さんが内角に厳しいシュートを投げ、落合選手が倒れ込んでよけても、さらにまた厳しい内角攻めを続けるという強気のピッチングが記憶に残っている。




1997年、つまりベイスターズ優勝の前年、中根仁選手との交換トレードで近鉄に移籍したが、翌年、右足首の違和感や麻痺などが起こり次第に状態が悪化。脳腫瘍だった。

摘出手術後も右足に麻痺が残る後遺症があったがリハビリで克服し、奇跡的な回復で翌1999年シーズン最終戦において一軍復帰した。




2001年6月13日の福岡ダイエーホークス戦、同点のピンチを抑え、7回表にチームが勝ち越して1082日ぶりの勝利投手となった。この年は34試合に登板して近鉄の12年振りのリーグ優勝に貢献した。オールスターゲームにも中継ぎ投手部門のファン投票1位で選ばれ、カムバック賞を受賞。パシフィック・リーグから同賞を贈られた最後の選手だそうだ。


引退後は、横浜ベイスターズ球団職員を務めながら、TBSラジオ専属の野球解説者として活躍していたが、2005年の夏に脳腫瘍が再発。

翌2006年2月に除去手術を受けて成功したものの、その後は骨への転移と手術も繰り返すようになった。

2015年に入って自宅療養に入っていたが、10月16日午前、転移性悪性腺腫のため死去。45歳だった。


以前の記事を探していたら、盛田さんが大洋に入団した頃から指導していた小谷正勝投手コーチのインタビューがあった。


https://www.nikkansports.com/m/baseball/column/kunikaraheisei/news/201902230000182_m.html?mode=all


「投げてきますわ」とマウンドに行って、本当にあのシュートで落合をひっくり返してもまだ、投げ続けていた。7球とか8球も続ける度胸があった。まともに打たれた記憶がないんだよな。ヒットもカンチャンで、ライト前に落ちるっていう。当時はホールドという概念が生まれたばかりで、やりがいに感じていた。


今となっては反省が残ってしまう。9回に佐々木(主浩)がいて、8回は盛田。7回を安心して任せるピッチャーを作れなくて。どうしても負担が大きくなってしまった。で、近鉄にトレードになってから脳腫瘍が分かった。「知っててトレードに出したのか」と問い詰めたら、誰も知らなかった。「足がつる、けいれんする」と言ってたんだ。まさか脳に…知識が足りなかった。


近鉄でカムバック賞を取った。あれだけ大きな病気をして戻るだけでもすごいのにな。「小谷さん、もうオレは昔みたいに速い球を投げられる体じゃありません。でも投球って何かと言えば、いかにバッターのタイミングを外すか…それがようやく分かりました」と話してきた。実際に変化球でゴロを打たせるスタイルにガラッと変えたんだけど、そういう感性があった。相当、努力したんだろう。


当時のベイスターズは年の近い子が多くて、にぎやかでね。キャンプで朝まで戻ってこなくて心配してたら、上半身裸で帰ってきてさ。体中にマジックで落書きが書いてある。「お前は一体、どこで何をしてきたんだ」って…あの頃は本当に楽しかった。亡くなる10日くらい前、危篤になってから見舞いに行ったときに佐々木と野村(弘樹)も来てくれて。あの子らは仲が良かったから。優しいなと思った。


一流になる選手というのは非常に繊細で、人の気持ちも分かる。技術だけじゃトップにはいけない。感性が豊かじゃないと。盛田も、特に佐々木なんかもそうだけど、普段はとにかく威勢がいいから、そこしか見えない人は誤解する。でも実際はまったく違う。マウンドとは、虚勢を張らないと戦えない場所でもある。3人を見てそんなことを考えていた。


盛田には弟がいて、小学校に上がる前にがんで亡くしている。かわいがっていたらしい。手を合わせてから毎日グラウンドに出ている話を聞いて、やっぱり優しい、繊細な子だなと思ったよ。もっと早く気付けばとか、若いうちから検査を受けろ…言ってたけど、もっと強く言えば良かったとか…後悔しても遅いな。(以上、日刊スポーツ 宮下敬至さんの記事より)



話は全く変わるが、人間の細胞の寿命というのは思ったより短いようだ。胃や腸の表⾯に ある上皮細胞は1日程度、血液中の赤血球は約4ヶ月で、長持ちする骨の細胞でも寿命は約10年だそうだ。つまり、心筋細胞のような僅かな例外を除けば、人間の細胞は一生のうちに何度も入れ替わるということになる。


だとすると、自分自身というのは何なのだろうと考える。


細胞がごっそり入れ替わるわけだから、少なくとも、今こうして自分で触ることのできるこのカラダ、つまり、モノのことではないだろう。多分、いつも同じ細胞を再生産して、同じことが得意だったり苦手だったり、そして、カッパ巻きが好きだったりすることが続いて行くようにしているヒトゲノムのような遺伝子情報が最も本質的な自身なのだろうと思う。


そうだ。結局、人間というのは情報なんだ。


上に書いた盛田幸妃さんの活躍や落合選手に尻もちをつかせた高速シュートの記憶と言った「情報」は、まだ私たちの頭の中に生きている。

だから、これからもずっと、私たちと共に、盛田さんの本質は生き続けていくのだ。


盛田幸妃投手、私はあなたの気魄のこもったピッチングをこれからもずっと覚えています。

宮﨑敏郎の円熟と牧秀悟の成長そして森敬斗の発育

10月14日 対カープ(マツダ) 3-5負け


昨日に続いて宮﨑は猛打賞だった。

詰まった当たりのセンター前ヒット、7球粘って3-2からのセンター前、そして8回には牧をセカンドに置いてライト前のタイムリーヒット。

いずれも単打だが、ヒットにする方法を知ってますというような、まさに円熟のバッティングだった。これで、打率を.302に戻した。はじめての全試合出場を3割で飾って欲しい。


牧は大瀬良のボールになるフォークやチェンジアップをよく見て7球粘った後にライト前ヒット。その後、8回には二死走者なしから宮﨑のタイムリーにつながるツーベース。

これは、森と佐野を簡単に打ち取った島内の150km/hを超える内角ストレートをうまく引っ張ったものだった。テイクバックの小さい、コンパクトで力強いスウィングは本当にこれからの成長を楽しみにさせてくれるものだ。

これで、打率は.296。3割にのせても栗林の新人王は揺るがないかも知れないが、本人にとってははかり知れない程自信になるだろう。


牧の通算塁打数は236になった。なんとこれは長嶋茂雄さんに次いで、清原和博などと並ぶ歴代2位だそうだ。さらに、28本の二塁打は歴代5位、136安打は歴代11位(セリーグでは6位)。最近、牧の活躍について、三浦監督が報道陣に、「また牧が何か超えましたか?」と聞いたりしているそうだが、それも良くわかる。


さて、森敬斗についても書いておく必要があるだろう。

2番ショートでスタメンだったが、5打数ノーヒットで、打率は.169まで下がっている。

そして、守備でも悔しいプレイがいくつかあった。特に、ギリギリ追いついた打球で、その後に一か八かのスローイングが逸れて、走者が皆進んでしまったのは反省する必要があると思う。ギャンブルスローという言葉があるのかどうかわからないが、高い身体能力で普通なら抜ける当たりに追いついたのでスーパープレイを諦めきれずに強引に投げてしまっているように見える。難しい体勢からのスローイングの精度を上げる練習も必要だとは思うが、それと同時に、リスクを考えて自重する大人の判断を身につけることも必要だと思う。そう言えば、イチロー選手も言っていた。


びっくりするような好プレーが、勝ちに結びつくことは少ないです。

確実にこなせないといけないプレーを、確実にこなせるチームは強いと思います。


森敬斗は、エラーの後、そして三振した後、一瞬悔しそうな表情を見せたが、すぐに顔を上げて戦う者のキリリとした眼差しに戻っていた。痩せ我慢かも知れないが、そうだとしても大したものだ。これができているうちは、三浦監督には彼を使い続けてもらいたい。


私は、ヨハン・クライフの言った次の言葉はまさに森君にこそ当てはまると信じて疑わないからだ。


才能ある若手にこそ挫折を経験させなければならない。

挫折はその選手を成長させる最大の良薬だからである。