mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

エースの熱投とチームワークで連夜の逆転勝ち





やっぱり戸郷投手って素晴らしいピッチャーですね。


今回は僅差で逆転勝ちしたものの、ここぞと言うところで綺麗な回転のストレートをコーナーに投げ込み、絶妙な高さからフォークボールを落とす。


NPBナンバーワンの投手の一人でしょう。


しかし、その好投手からチーム一丸となって2点を奪い、エースの東克樹が7回を1点で凌ぐHQS、さらに伊勢大夢と山﨑康晃が危なげなくはない無失点リレーで勝ち切った。


チームが強くなったと見るべきか、好調の選手が多いと見るべきかはもう少し時間をかけて判断する必要がありそう。


そう、調子が悪い時に大きな連敗をしないのも強いチームの特徴の一つ。今年はそれができるかどうか、いずれはやって来るその時のチーム全体としての頑健性に期待しよう。



好投手同士の投げ合いで締まった良い試合だったが、先に失点したのは東克樹だった。


2回裏、先頭の岡本和真選手にツーベースを打たれ、その後は粘って二死まで漕ぎつけたが、大城選手への初球のアウトコースのストレートがやや内側に入ってしまった。


ライド前ヒットで岡本選手がセカンドから一気に生還してジャイアンツが1点先制。


ベイスターズ打線は戸郷投手に5回まで散発の2安打に抑えられ、二塁を踏むことすらできなかったが、6回になんとか隙をついた。


この回先頭の林琢真の擦ったような打球はフラフラと上がる飛球となり、サードの後方、ライン際にポトリと落ちるヒット。その後のボールの転がった方向も好都合で、その間に林はセカンドに達した。


続く東克樹は開幕戦での失敗を糧にナイスバントでランナーをサードに送る。


打順はトップに還って、今日の第一打席で戸郷のフォークをとらえてヒットを打っている度会隆輝。


この打席でもフォークボールにバットを当て、決して良い当たりではなかったが広めに空いていた一、二塁間を抜くタイムリーヒット。



1-1の同点に追いついた。


ストレートとフォークの両面待ちだったと言う度会選手の反応力。そして、ジャイアンツ内野陣のポジショニングを見ていた広い視野がもたらした殊勲の同点打だ。


これで、昨シーズンから続いた戸郷投手の連続無失点記録を45イニングでストップさせた。



ベイスターズ打線は続く7回にも事を起こした。


先頭の牧秀悟が1-2と追い込まれてからアウトコースのストレートを右方向に追っつけて鋭い当たりのライト前ヒットで出塁。


そして、その後のプレイが今日の試合の分岐点だった。


宮﨑敏郎の打席でジャイアンツバッテリーが無警戒だと見るや、2-2からの6球目にスタート。


開幕から7試合で早くも昨シーズンの総数と並ぶ二つ目の盗塁を成功させた。




その後、宮﨑はおあつらえ向きのボテボテのショートゴロでランナーを進めることに成功。


一死三塁と様々な得点パターンが想定される状況を作り出した。


打席には好調の関根大気。


ここが勝負どころと見た戸郷投手はギアを上げて素晴らしいボールを投げ込んで行った。


ストレート、フォーク、スライダー、関根は何とかバットに当てて凌いでいる。


2-2で迎えた6球目。この打席で唯一やや甘いボール、外角を狙ったストレートが少し内側、ベルトに高さに来た。


関根はこれを見逃さず、コンパクトに強振するとライナー性の打球が必死に伸ばした戸郷投手のグラブの横を通過してセンター前へと抜けていった。



関根大気渾身の逆転タイムリーヒットで2-1とリード。


さらに特筆すべきは、その裏マウンドに上がった東克樹が坂本勇人から始まるジャイアンツの攻撃を3人で片付けたこと。これで試合が落ち着いた。


今日の東は7回、94球、被安打5、奪三振4、与四球1、失点1の堂々たるHQSで勝ち投手の権利を保ってマウンドを降りた。



その後、8回には伊勢大夢が登板し、8番吉川尚輝からの攻撃を三者凡退に抑えた。


9回にマウンドに上がったのは複数いるクローザーのうち恐らくは現時点の筆頭格である山﨑康晃。


しかし、先頭の門脇選手への3球目が明らかなコントロールミスでレフト前に運ばれた。


山﨑自身もしまった、と言う顔をしていたが、先頭を出塁させるのは厳しい展開だ。


続く丸選手にジャイアンツベンチはバントを命じる。


主力選手でも勝負どころではバントを命じるのが原前監督以来のジャイアンツの流儀だが、ここは失敗。


キャッチャーの前に転がったボールを山本祐大が素手で拾い上げ、そのままセカンドに送球してフォースアウト。


丸選手にそのまま打たせた方がベイスターズバッテリーにとっては脅威だったような気もするが、ダブルプレーを懸念した気持ちもよく分かる。


その後、岡本選手は歩かせたが、坂本勇人は初球を思い切り引っ張り三塁線上を襲うゴロを守備固めの柴田竜拓が掴んでサードベースを踏み、ファーストに送球してダブルプレー、試合終了。


緊迫した試合の幕を閉じた。


試合後のヒーローインタビューでは、今季初勝利の東克樹が今年最初の「祐大のおかげ」を口にしましたとさ。


めでたし、めでたし。

何か降りてきたような春先の関根





悔しい逆転負けに終わった昨夜の試合の勢いのままに、4回のタイガースの攻撃で梅野選手のタイムリーヒットなどで2点を失ったが、0-2で迎えた6回表に相手先発の西勇輝投手をとらえて一気に3点を挙げて試合をひっくり返した。


6回表の攻撃では先頭の牧秀悟が西投手の初球をとらえて右中間を深々と破るツーベースヒット。


引っ張ってホームランも打てる牧選手だが、私は彼の真骨頂はこの右方向のツーベースだと考えている。


この打撃が出てくると彼は好調期に入る。


続く宮﨑敏郎はしぶとくライト前のポテンヒットで出塁して無死一、三塁。


さらに、前の試合まで2日続けて猛打賞の関根大気がインコースのボールをうまく引っ張ってライト右へのタイムリーツーベースヒット。


その後、プロ初スタメンマスクの松尾汐恩のデッドボールで満塁としたところで、ベイスターズベンチは石上泰輝に代打大和を送ったが初球を打ち上げて浅いライトフライとなりサードランナーは動けず。


続いて、先発の中川颯に代わる2番手としてマウンドに上がった上茶谷のところで代打楠本泰史のカードが切られた。


楠本は西のツーシームとストレートの2球で追い込まれたが、4球目の変化球に体勢を崩されながらなんとかバットの先端で掬って投手の足元を抜くゴロヒット。



サードランナーの宮﨑に続いてセカンドから関根大気も生還し、3点目を挙げた。


その後、伊勢大夢、ウェンデルケン、森原康平、山﨑康晃と無失点で繋いで3-2のまま逃げ切った。


開幕2カード連続で勝ち越したのは2000年以来24年ぶりとのこと。


ウェンデルケンと森原はそれぞれ被安打1と与四球1でピンチを迎えたが、牧秀悟が二遊間を抜けようかと言うゴロに飛びついてセカンドで封殺するなどバックも盛り立てて得点は許さなかった。


勝ち投手は2番手の上茶谷大河。今年も便利屋さん的なポジションになりそうだが、身体に気をつけて頑張って欲しい。


その後の四人の投手たちが現時点での勝ちパターンということだろうか。



恐らく、クローザーの基本線は山﨑康晃で、先日の横浜スタジアムでの広島戦のように相性に応じて森原を起用することもあるのだろう。



ところで、関根大気のことである。


今日もタイムリーツーベースを含む3安打で三夜連軸の猛打賞。



規定打席には達していないものの、打率 .667、OPS 1.400という素敵な数字が並んでいる。


昨年も春先は大活躍で4月に貯金10を作るチームの躍進に貢献したが、今季も期待できそうだ。


昨日の走塁ミスやイージーフライをグラブの土手に当てて弾くなど致命的なミスも冒しがちの選手だが、やはりこの攻撃力は魅力だ。


関根選手本人にも本来の積極性という長所を失うことなく、かつ、ミスを減らしていく努力を期待するのは勿論だが、我々ファンも彼のミスを受け入れる大きな度量を持つよう努力する必要があると思う。


彼の才能が本当に開花するためには、これから未だいくつか苦い失敗を見なくてはならないだろう。しかし、その失敗は敢えて受け入れることにしよう、と私は心に刻んだ。



“我々は限りある失望を受け入れなければならない。しかし、限りない希望を捨ててはならない”


We must accept finite disappointment, but never lose infinite hope.


マーティン ルーサー キング ジュニア



逆転負けの中で見えた収穫





3回までタイガース打線を完璧に抑えていたハマちゃんだったが、2巡目につかまった。


2-0とリードして迎えた4回裏。先頭の1番近本から4番大山までの4連打で1失点。


近本選手の盗塁企図がアウトになっていなければ最小失点では済まなかっただろう。


さらに、6回裏には四球で出塁した近本選手を二塁において3番森下選手がハマちゃんのチェンジアップを完璧に捉えてレフトスタンドへ特大の逆転ツーランホームラン。


ハマちゃんはランナーが出るとどうもストレートとチェンジアップ頼みの単調な投球になってしまう傾向はあるが、この時も4球続けたチェンジアップが真ん中に入ったところを狙い打たれた。


結局これが決勝点となったが、8回にもローワン・ウィックが近本にソロホームランを浴び、さらに佐藤輝明のタイムリーで失点して2-5となったところで完全にダメを押された形。


その直前、8回表に先頭打者として安打で出塁した関根大気がバントでセカンドに進んだところで牽制死したことで流れが変わったという見立てをする人が多く、ネット上では関根選手に対する批判が渦巻いているようだ。


確かに、焦る必要はなかった。しかし、犯人探しがこのブログの趣旨ではないので掘り下げるのはやめておこう。


関根、次頑張れよ。応援しているぞ!


このシーン、コントの一場面のようにも見える。


悔しい、もしくはガッカリしたという印象の強い今日の逆転負けだったが、収穫もいくつかあった。


笑う門には福来たる、とやら言うではないか。


今日の試合のポジティブな部分をまとめ、ニコニコしながらこの記事を終えることで明日の勝利を呼び寄せよう。



【タイラー・オースティンの一発は大活躍の前触れだ】


初回一死走者なしで打席に立ったタイラー・オースティンに対してタイガース先発の伊藤投手はやや投げにくそうにしているように見えた。


警戒して少し慎重になっていたのかも知れない。


2-0となって3球目。慎重になり過ぎた投球の後には、往々にして反作用が出るものだ。


ストライクをとりに行ったストレートが高めに甘く入った。伊藤投手にしては珍しい失投だ。


そして今日のオースティン選手はこの失投を逃さなかった。


ボールを潰さんばかりに強振すると打球は高く上がりレフトスタンド中段に飛び込む大きな先制ホームランとなった。


本人も「バッティングカウントだったので甘いところに来たら一発で仕留めるつもりだった」と語っていたが、その言葉通りに決めてくれた。


一昨年の8月30日以来の公式戦でのホームランは記念すべき来日50号でもあった。



ここまで3本のツーベースを打っており調子は悪くないと思っていたが、やはりこの人にはホームランがよく似合う。


元々バレル率の極めて高いバッターなので、打球に角度がつくようになってくれたことで、ここから一定のペースでホームランを打ち続けてくれることだろう。


4月3日終了時 打率 .304、 二塁打3、本塁打1、打点2、OPS .870



【石上泰輝がショートのレギュラーを掴む姿がはっきりと見えた】


石上選手の守備はプロの遊撃手として決して見劣りしないレベルになってきているように私は感じる。


ゴロで外野に達するヒットでもVTRを確認すると、三遊間のサード寄りからセカンドベース上までわずかに及ばないものの背番号44が必死に飛びついている姿が映し出されているのだ。


そして、かなりの強肩であるとともに捕球してからスローイングまでが速く、送球も概ね安定している。


50m5秒9の俊足に加えて走塁のセンスも良い。


さらに、彼は「打てる」のである。


1点リードで迎えた2回表ツーアウト。ヒットで出塁した関根をセカンドに置いて、2-1から外角高めに浮いた伊藤将司のカットボールを逆らわずに左方向に打ち返すタイムリーヒット。



もはや石上選手が打っても新人なのにといった意外な印象は全くしない。


こう言うバッターが8番に居てくれると心強い。ハマの木浪とでも呼んでおこうか(でも、やっぱりライバルチームなのでやめておこう)。


ちょっとだけ残念だったのは、このタイムリーの直後、レフトからの送球をサードの佐藤輝明がカットしているにもかかわらずセカンドを狙ってアウトとなったこと。


次のバッターが投手のハマちゃんだっただけに、ここは自重して次の回をトップバッターの度会隆輝から始めたかった。


しかし、今の彼は日々勉強中なのだと思う。この調子でショートスタメンの座にしがみつき試合に出続けていけば、押しも押されもしない正遊撃手に育って行くことだろう。


三浦監督には、是非、ある程度不調の時でも我慢して使い続けてほしい。


4月3日終了時 打率 .278、 打点2、OPS .556



【二人の若きリリーバーがブルペンを活性化する】


6回裏にハマちゃんが森下選手に逆転ツーランを浴びて降板した後、一死走者なしでマウンドに上がったのは、入団3年目にして急成長曲線を描き始めた徳山壮磨投手。


4番大山、5番佐藤輝明を簡単に外野フライに打ちとり追加点を許さなかった。


回跨ぎでマウンドに上がった7回も梅野選手への四球は一つあったものの、他の選手には安打を許さず、1回2/3をわずか15球で切り抜ける見事な火消しぶり。


ストレートは常時150km/hを上回り、マウンドでの立居振る舞いも危なげなかった。


大卒ドラフト2位で即戦力となることを期待されつつ全く結果に出なかった2年間で早大時代よりも数段レベルの高いピッチャーに変身したようだ。


男子三日会わざれば、刮目して見よ、と言うことか。


そしてもう一人。


ドラフト2位の新人松本凌人投手もローワン・ウィックが2失点した後の8回裏一死一、二塁のピンチでノイジーを外野フライ、梅野を三振に打ちとって見事に後続を絶った。



右サイドであることに加え、タイミングも独特の変則フォームでありながらホームベース上で強さのあるストレートと制球の良いカットボール、シンカーはバッターにとってやり難い相手だろう。


昨日の試合から伊勢大夢、ウェンデルケン、ウィックといったリリーバーたちが失点する中でこの二人の若い投手の好投がさらに際立って見える。


このままブルペンでの序列を上げて行き、シーズン後半には勝ちパターンの一角を占める姿が目に浮かぶようだ。



こうして書いているうちに随分明るい気分になってきた。



大丈夫。明日はきっと勝ってくれるさ。