mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

筒香嘉智は出発点に帰り、再び「野球」を学ぶ





子供の日の今日、カープとの3連戦の最後の試合に勝利して久々の2カード連続勝ち越しを決めた。


ベイスターズの先発、大貫晋一は好調時に比べてストレートのスピードとキレがもう一つだったように見えたが、ずらりと左打者を並べたカープ打線に対して多彩な球種で的を絞らせなかった。


今季初めて山本祐大とバッテリーを組んだ訳だが、新しい配球でカープの対策の裏をかくことが出来たようだ。


特に、左打者の外角からストライクゾーンに入ってくるバックドアのスライダーとカーブが効果的だったように思う。


打者としてはこの二つの球種が気になって、ストレートとスプリットに対応できないことが多かったのではないだろうか。


大貫は7回を92球で投げきり、被安打3、奪三振5、与四球2、無失点という堂々のHQSで今季2勝目を挙げた。



8回は中川虎大がマウンドに上がり、ヒットとショートのエラーで2人の走者を背負ったが、力のあるストレートとフォークボールのコンビネーションで内野ゴロ三つ(エラーまで含めると実は四つ)を重ねてことなきを得た。


秋山選手に打たれたヒットは4球続けたフォークボールを体勢を崩しながらセンターに運ばれたもので、このところ何度か見かける山本祐大の同じ球種の連投策が裏目に出た。


そして9回は4月30日以来登板のなかった山﨑康晃が調整を含めて登板し、好調の代打宇草選手から始まる打順を三者凡退に抑えた。


スピードガンではストレートが140キロ台半ばという表示にとどまっており、そのせいかスプリットを軸にした投球だった。


リリーバーは結果が全てなので、これはこれで良しとしよう。


なんと言っても3人で完封リレーを成し遂げた訳でもあるし。


打線の方は、カープの先発九里亜蓮投手に3回までパーフェクトに抑えられていたが、4回先頭の桑原将志がセンターへのヒットで出塁すると、エンドランを仕掛けて蝦名のサードゴロの間に桑原はセカンドに進む。


そして、続く佐野恵太に待望の今シーズン第一号ツーランが飛び出して2-0と先制した。



6回にはショートへの内野安打で出塁した蝦名をファーストに置いて、4番牧秀悟がフルカウントからレフスタンドへのツーランホームランを放ち突き放した。


この2点が非常に有効な中押しとなり、大貫-山本バッテリーに余裕が生まれた。


冒頭に書いたカーブやバックドアの活用もこうした余裕があってのことなのだろう。


この飛球は上がり過ぎたように見えたのだが、上空の風のせいかグングン伸びて、レフトスタンドの二階席に届く大きなホームランとなった。


牧選手はこれで三年連続でこどもの日にホームランを打っているとのこと。


そして、この一打で球団最速の500安打も達成した。



今日のベイスターズ打線は得点力不足と言われていたのが嘘のように良い流れでつながった。


7回にも四球で出塁した桑原将志を佐野恵太が左中間を深々と破るツーベースヒットで還すタイムリー。


これで5-0とリードを広げ、勝利をほぼ確実なものとした。


チーム全体のヒットは12本。


ホームラン2本にツーベース2本と長打も出ており、理想的な展開だったと言えるだろう。


そして、4月30日以来試合から遠ざかっていた度会隆輝が6番ライトで先発出場し、今季4度目となる猛打賞を記録したことも明るい材料だ。


苦手としていた左腕の森浦投手からもヒットを打っており、試合後に本人も語っていた通り、右に対しても左に対しても、そして速球でも変化球でも自分のバッティングで打ち返すことが出来ていた。


この試合が壁を越えるきっかけになってくれることを期待したい。




広島でのデイゲームを終えたチームは横浜に移動し、明日は横浜スタジアムでヤクルトとのナイトゲームが予定されている。


そして、何と言っても最大の注目は筒香嘉智の1軍合流である。


ファームの試合では久しぶりの日本の投手たちに対してなかなかタイミング合わず、苦戦していたようだが、本人とファームの打撃コーチたちの判断として1軍合流にゴーサインが出た。


連休中に筒香を1軍で出場させるという興行面での判断だけではなく、技術的に大丈夫という確認がとれていることを願っている。


ナウシカの巨神兵ではないが、早過ぎる起用は無理を生じるものだ。



とは言ってみたものの、やはりファンとしては5年ぶりに背番号25の勇姿をハマスタで見られることに興奮している。


筒香はアメリカで何を得たのだろうか?


そして、彼自身の原点である横浜の地で再びNPBの野球で真剣勝負をする彼は何を考えているのだろうか?


あらゆる旅で最も難しいのは家に帰る時だ、とも言われる。


しばらくぶりに見るハマスタの風景は以前と何も変わっていないように見える一方、そこでの野球は全く違ったものに感じられるかも知れない。


しかし、真面目で誠実な筒香選手は、明日から日本の野球をもう一度勉強するという謙虚な気持ちで取り組んでくれるような気がしてならない。


もしそうであれば、きっと彼はもう一度大きな華を咲かせてくれるに違いない。


Go! Go! ツツゴー!


私はあなたの野球に対する愛と情熱を信じている。





“すべての冒険の最後に待っているのは


出発した場所に戻ることだ


そしてその場所をはじめて知ることになるのだ”


T.S.エリオット

目の前の勝利よりも持続可能性を選んだ三浦監督の辛抱が報われることを祈ろう





今日のカープの先発は森下投手。


昨日のアドゥワ投手といい、明日登板予定の九里亜蓮投手といい、カープの投手は全て天敵のように思えてくる。


ああそうだ。もう1人、大瀬良さんもいたんだっけ。



その森下投手に対して、2回表に2連続エラーと進塁打で一死三塁のチャンスを作り、比較的相性の良い大和が犠牲フライを打ってノーヒットでちゃっかり1点を先制した。


昨日の試合から、タイムリーヒットの出ないまま3点目を挙げたことになる。


しかしその後、ベイスターズ打線は6回までノーヒット、出した走者は死球による1人だけ。


森下投手に完璧に抑え込まれた。


一方、ベイスターズの先発はこのところ少しずつ日本の野球に慣れ、調子を上げつつあるアンソニー・ケイ投手。


150キロ台半ばのストレートは威力があるが、細かいコントロールがある方ではなく、カープ打線としては与しやすしという感じではないだろうか。


ケイ投手はストレートで押し込む場面もあるものの、やはり捉えられる回数が多かった。


初回は二死満塁、2回は二死二塁、そして3回にも二死二、三塁と毎回得点圏にランナーを背負っての投球となった。


しかし、ピンチのたびに彼はなんとか後続を打ちとり、無失点で試合を進めていった。


そして、回が進むにつれて前回登板の時と同様にカットボールでカウントを稼げるようになり、5回と6回はカープ打線を三者凡退に抑えた。





ベイスターズ打線は7回二死まで森下投手の前にノーヒットだったが、そこから、宮﨑、大和の連打で一、二塁のチャンスを作り打席に山本祐大が入った。


しかし、山本は粘ったものの結局ショートゴロに倒れた。


チャンスの後にピンチありとはよく言ったもので、その裏、一死から森下投手の本日3本目となるヒットを足がかりにケイ投手は追い込まれ、秋山選手のヒット、菊池選手にはストレートのフォアボールで一死満塁のピンチを作った。


ピンチを切り抜ける際に投手はメンタル面でのスタミナを消費する。


切り抜けられるピンチは3度までとはよく言われる相場感だが、今日のケイ投手もどうやらこれに当てはまっていたように思う。


無失点ではあるものの、4回までに7本のヒットを打たれる状況であり、6回終了時で球数も既に94球に達していたので、私は7回から継投に入るものと予想していた。


ひょっとするとケイ投手自身も頭の中にそう言った考えがあったのかも知れない。


しかし、三浦さんは続投を決め、それは結果的に大きなピンチを招いてしまった。


2番手の徳山壮磨投手は売り出し中の力のある投手だが、先日の阪神戦の際に一点差で無死満塁のピンチでマウンドを山﨑康晃投手から引き継いだ時と同様、いくらなんでも厳しい登板となってしまった。


この場面で打席に入った野間選手には注文通りのセカンドゴロを打たせたが、ゲッツー崩れの間に同点に追いつかれてしまった。


実質、ここで勝負は決まったと言っても良いだろう。


不調の4番堂林選手にかわって代打の切り札松山選手が打席に入り、バッテリーはストレートの連投で力勝負に出たが3球目にストレートを見事にライトスタンドに運ばれてさらに3点を追加された。


最初の2球は厳しいコースに決められたが、3球目は失投とは言わないまでもやや甘いコースだったと思う。


しかし、これを一発で決められる松山選手が凄い。まさにプロの勝負師だ。



これで万事休す。


ベイスターズは、このまま、1-4で逆転負けを喫した。


ヒット2本で勝ちを拾うことが出来れば最高だったが、そんなことは年に何回もあるものではない。


序盤戦の今日の試合で運を使い果たさなかったことをよしとしよう。


私としては前回の悪夢の逆転負けに続いて徳山投手のメンタルが心配だったが、試合後の本人の談話で、


“こういう場面で投げさせてもらえていることはありがたいこと。


ここで下がるのではなく、次にあの場面に上がった時に気持ちで向かって抑えていけるように準備したい”


と語っているので、前を向いて頑張ってくれることだろう。


打たれても、次にやり返す気持ちを無くさなければ本当の負けではないのだ。


頑張れ、徳山!




ところで、三浦監督の采配である。


幸運な先制点からリードを守って迎えた7回。


先発は無失点とは言え既に100球に近い球数を投げており、再三のピンチを凌いできている。


投手ながらここまで2打席2安打の森下選手にも打順が回る。


こうしたことを総合的に考えれば、今日の試合で勝つための最適解は7回頭から継投に入ることだった。


しかし、ウェンデルケンと入江大生が故障で離脱中であり、不調の上茶谷はファームで再調整。


ウィック投手もファームで炎上中、1軍に復帰したばかりの三嶋一輝も未だ目処が立っていない、という現状。


ブルペンには、伊勢大夢、山﨑康晃、森原康平という3人しか実績のある「勝ちパターン」のリリーバーがいない。


万が一、この3人のうち誰か1人でも離脱するようなことがあれば、今シーズンは早々と終戦ということにもなり兼ねない。


こうしたことまで勘案すると、7回から伊勢、山﨑、森原を注ぎ込んで1-0の勝ちを掴みに行くというのは今後数週間から1ヶ月程度まで先を見越した場合には最適とは言えない、というのがベイスターズベンチの出した結論だったのだろう。


確かに、現時点でこの3人をフル回転させるのは持続可能な戦略とは言えない。


ひょっとすると、三浦さんではなく、アナリスト出身の大原チーフ投手コーチあたりからの進言が決め手だったのかも知れない。


今シーズン初めの萩原統括本部長のコメントを見ていると、この辺りはシビルコントロールの領域になっているようにも思えるのだ。


ともかく、三浦さんはこの意見に同意して、ケイ投手の続投を決めた。


私は、今日の采配は迷いやブレによるものではなかったと考えるので、この決定を支持したいと思う。


ポジティブに考えてみよう。


これで、明日のカープ戦と明後日のスワローズ戦(横浜)では、前述の勝ちパターン3人を連投で使えることになった(変則日程のため、7日の火曜日は試合が無い)。


その2試合の先発は大貫晋一とアンドレ・ジャクソンだ。


ここで連勝しよう。


良いニュースもある。


復帰を目指す入江大生がライブBPに登板できるほど復調してきたそうだ。


https://twitter.com/shirokowhite/status/1786683906399637727


そして、今日久しぶりに見た三嶋一輝は、以前より変化球が増して少しモデルチェンジしたようだが、2三振を含む三者凡退でカープ打線を抑えた。



この2人とウェンデルケン投手が戻って来るまで、さらなる故障者を出さず、かつ、徳山投手や松本投手、中川虎大投手などに経験を積ませることができれば、ベイスターズのブルペンはリーグでも指折りの質と数を手にすることができる。


そうすれば、今日のような試合をガッチリと勝ち切るような力技ができるようになるのだ。


だから今は、三浦さんや大原コーチたちの今日の辛抱が報われる日の来ることをひたすらに祈ろう。


それが我々ファンの矜持というものだ。


東克樹は独りで闘う覚悟があるからこそ「祐大のおかげ」と言う





アドゥワ誠投手もベイスターズにとって相性の良くないピッチャーの1人になりつつある。


今シーズンは既に2回対戦していたが、3月31日には5回を3安打1失点に抑え込まれて敗戦、4月17日は4回7安打と改善したが結局は牧の先制ソロホームランの1点のみで捉えきれなかった(その後、ハマちゃんと上茶谷が合わせて5点を失い敗戦)。


その後、カープの先発ローテーションと試合日程の関係からアドゥワ投手は一旦登録を抹消され、2週間以上の間隔で復帰した最初の試合が今日のベイスターズ戦だった。


登板間隔が空いたせいだろうか、今日のアドゥワ投手は立ち上がりにやや苦しんだ。


初回は一死後に2番の蝦名達夫が死球で出塁し、続く佐野恵太はあわや今季初ホームランかというエンタイトルツーベースを打った(一旦はホームラン判定となったが審判団のリプレイ検証の結果打球がフェンス上端で跳ねてスタンドインしたとされた)。





続く牧秀悟はショートゴロに終わったが、この間に蝦名が生還してベイスターズが1点先制。


2回にも京田陽太、山本祐大の連続安打の後、関根大気もポテンヒットで出塁し、無死満塁のチャンスを作る。


東克樹はフルカウントまで粘ったが空振り三振。


続く桑原将志がなんとか犠牲フライを打って1点追加。


タイムリーなしで2-0とリードを奪ったが本日の得点はここまで。


その後は立ち直ったアドゥワ投手の動く速球とカーブを交えた緩急をつけた投球に圧倒され、3回から6回まで1人のランナーも出すことが出来なかった。


今日の試合で2点は奪ったものの、最終的には以前よりも「苦手感」が増したような印象がある。


その後、森浦、ケムナ、黒原と言う力のある速球を投げるリリーバーたちにも3回でヒットわずかに一本と封じ込まれる展開だった。


アナリスト出身のチーフ打撃コーチには宿題が残される結果となったが、タイムリーなしで2点を奪うと言ういわゆる「嫌な点の取り方」が出来たことは評価できる。


どの試合でも得点機にヒットを打てるわけではないので、今日のような攻撃でなんとか加点するしぶとい攻撃ができることは重要だ。


一方、ベイスターズの先発東克樹は立ち上がりから安定していた。



ボールの力とキレという意味ではそれほど良くないように感じたが、緩急を使い丁寧に制球するピッチングで6回までは被安打3、与死球1で無失点に抑えた。


6回二死の場面では菊池の飛球を桑原将志がダイビングキャッチするビッグプレイが出るなど、バックもエースの力投をバックアップした。



しかし、80球を超えたあたりからコントロールミスが目立つようになり、7回二死から小園、坂倉に連打を浴びた。


この時は続く中村健人を外野フライに打ちとってことなきを得たが、8回には先頭の二保と続く代打宇草に連打を許して無死一、二塁。


秋山翔吾にセーフティ気味のバントを決められ、一死二、三塁とピンチを迎えたところで降板した。


今日の最大の勝因はこのピンチでマウンドに上がった伊勢大夢が代打の切り札松山竜平をわずか1球でファーストフライ、続く野間を2球目でセカンドゴロに打ちとり無失点で切り抜けたことだろう。


このところ、伊勢のストレートは良い時のキレを取り戻しつつあるように感じる。


直近の失点と言えば4月19日のヤクルト戦で村上宗隆に外角高めのボール気味のストレートをスタンドまで運ばれたソロホームランによる1点だけで、あれは村上が凄すぎた。


この1ヶ月間というもの、セットアッパーとして概ね安定した働きができていると言って良い。


そして、9回はこのところ好調の森原康平が二つの三振を含む三者凡退で片付けて試合終了。


完封リレーでこのカードの初戦をモノにした。



ヒーローインタビューは7回1/3を105球、被安打7、奪三振2、与死球1、無失点でまとめて3勝目(0敗)を挙げた東克樹。


これで昨シーズンから続くQSの記録は16にまで伸びた。



東は一度は封印した「祐大のおかげ」を今日は口にしていた。


彼のインタビューを聞きながら、私は東克樹がなん度もこのセリフを口にするのは、彼がマウンド上では1人で闘う覚悟を固めているからなのではないか、というやや逆説的なことを考えていた。


結局のところ、ボールを投げるのはピッチャーであり、打たれた場合の責任は彼自身にある。


キャッチャーに支えてもらってなんとかしよう、などと言う甘えは一切ないからこそ、最善の球種、コースを選択してくれる山本祐大の働きに感謝するのだろう。


昨年の最優秀バッテリー賞を獲得した東克樹と山本祐大の関係性は、昨年よりも進化しつつあるのではないだろうか?


互いに支え合うのではなく、それぞれが自立したプレイヤーとして最善を尽くす。


そして、その最善の働きが組み合わさることによってバッテリーとしての力がさらに増す、という「大人の関係」になってきたことを私は感じた。


そう言えば、数年前に流行ったリーガルハイというドラマの主人公、堺雅人さん演じる古美門研介がこんなことを言っていた。




“人という字は、人と人とが、お互いに、支え合って出来ているわけではありましぇん!


1人の人間が、両足を踏ん張って大地に立っている姿の象形文字です”



そう、東克樹はその小柄な体躯でマウンド上に両足を踏ん張って立っているのだ。


がんばれ東。


もはや君がこのチームのエースなのだ。


肘の故障から辛く長いリハビリを乗り越えてやっと掴んだこの大事な切符を


君は2度と手放してはいけない。