mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

蝦名達夫の輝きと帽子を触らなくなった石田健大





ドラゴンズとのカード第三戦は開幕以来4試合でわずか2失点の涌井秀章投手と今季初先発の石田健大投手のマッチアップ。


涌井から大量得点は期待できないので、石田が踏ん張ってロースコアの勝負に持ち込めれば、と思っていたが、そんな予想は完全に裏切られた。


初回、先頭打者の桑原将志が初球をきれいにセンター前に弾き返すと、続く蝦名達夫も2球目を打って同じようなセンター前へのクリーンヒット。



3番の佐野恵太は1-2と追い込まれたが、4球目の変化球で体勢を崩されながらセンター前にポトリと落ちるヒット。


チャージしたセンターの上林選手がボールを弾く隙を見逃さず、桑原は一気にサードを回って生還した。


百戦錬磨の涌井投手ですら立ち上がりにヒットを続けられると焦るのだろうか。


次の4番牧秀悟への初球は真ん中に入る甘いストレート。


牧は軽くスイングしたように見えたが、打った瞬間にそれとわかる打球は広いバンテリンドームのレフトスタンド中段に飛び込むスリーランホームラン。



わずか8球で4得点というロケットスタートを見せてくれた。


さらに、5番宮﨑敏郎がこれまた初球を捉えてフェンス直撃のツーベースヒット。


6番に入った京田陽太の内野安打とその後の盗塁、そして関根の四球で一死満塁と再び大きなチャンスを作った。


石田健大は三振に倒れ二死満塁となったが、早くも2打席目が回ってきた桑原の2点タイムリーと同じく蝦名のタイムリーヒットで3点追加。


7-0とリードを広げたところで涌井は降板。


続く佐野恵太は2番手の梅野投手もとらえてライト右への2点タイムリーツーベース。


初回の攻撃で9点を挙げたのはベイスターズとしては28年ぶりとのこと。


ベイスターズ打線は3回にも猛威を奮った。


ヒットの関根大気と桑原将志を一、三塁において、蝦名達夫がこの日早くも猛打賞となる3本目のヒットで1点追加。


佐野が倒れて二死一、二塁となったところで、牧秀悟が梅野の高めのボールを見逃さず左中間を深々と破る2点タイムリーツーベース。


この回3点を追加して12-0となり、完全にダメを押した形となった。


さて、こういう大量得点の試合では、乱打戦となって荒れた展開となることがままある。


もうベテランと言っても良い石田健大がこの試合をどうやって落ち着かせるのか、私はその点に注目しつつ彼の投球を見守っていた。


先日、石田が先発したイースタンリーグの試合を見ていて気がついたのだが、投球間隔は短く、ポンポンと投げ込んでいく。


そう、以前のように両腕で帽子を挟んだり、モジモジと庇に手をやったり、などと言う余分な動作が無くなり、サインが決まるとサッと構えて直ぐに投げ込む。


1軍での初めての登板となった今日のマウンドでも、イースタンの時と同じようにテンポよく投げ込んでいった。


そして、概ねストライクゾーンで勝負できていた。



聞けば、イースタンリーグの試合で一緒になった筒香嘉智から怖がらずにゾーンで勝負していくべきだ、と言うアドバイスを貰ったそうで、その影響もあったのだろう。


9点の援護をもらった初回の投球では、丁寧なピッチングと大胆な攻めを上手く同居させていたと思う。


好調の山本選手にはヒットを許したが、その他の打者に対しては3球以内で追い込むと言う攻めの投球ができており、内野ゴロと外野フライに打ちとった。


今日の快勝は、初回の打線爆発に加えてその裏石田健大の冷静な投球がもたらしたものと言って良いだろう。


石田は2回、3回も無失点で切り抜け、12-0の大量リードをバックにベイスターズの優位を決定づけてくれた。


今日はベンチの中田翔に代わって4番に入った細川成也に4回一死走者無しからソロホームランを打たれたが、それ以外は危なげなく7回まで投げ切った。


7回、100球、被安打6、奪三振7、与四球0、失点1のHQSで今季の初勝利を挙げた。


来週は月曜日と水曜日に横浜でヤクルトと連戦する変則的なカードだが、水曜日には中6日で石田の出番が回ってくるだろう。


オスナ、村上、サンタナ、山田哲人と並ぶヤクルト打線は強力だが、今日のように丁寧な攻めのピッチングを見せてくれれば十分に勝機はある。



今日の蝦名達夫は自身初めての猛打賞、さらに第四打席でもヒットを放ち4本のかため打ち。


これで4月29日の今季初出場以来、11打数8安打、打率 .727、OPS 1.659と猛烈な勢いで打っている。



ブレイクしかけた一昨年に続いて期待の膨らんだ昨年は43打数6安打、打率 .140と極めて不本意なシーズンを送ったが、今年はその借りを返すことができるだろうか。


少なくとも安打数については、この3試合で既に昨シーズンの総数を上回っている。


蝦名選手の場合、粗忽というのか、驚くような凡プレイをしてしまい、そこから急速にデフレスパイラルに取り込まれるようなことがあるので、そうならないように気をつけて、集中力を持続して頑張ってもらいたい。

カイロスの前髪をつかみ損ねて完敗 でも負けるべき時は負ければいいさ





ジャイアンツのヒット12本に対してベイスターズはわずかに3本。


それでも今日の大貫晋一は球威、制球ともにもう一つにもかかわらず何とか粘って5回を2失点でまとめていた。


打線は音無しだったが、4回に2点先制された直後、牧のツーベース(ジャイアンツの先発高橋礼からのチーム初ヒット)とフォアボール2つ(佐野と宮﨑)で無死満塁としてから、楠本と関根のボテボテのセカンドゴロ二つで2-2の同点に追いついた。


さらに、5回裏にも高橋投手の乱調をついて一死から度会、石上、佐野が四球を選び、満塁のビッグチャンス。


ジャイアンツベンチは高橋を早々に諦め、2番手の堀田投手をマウンドに送り、対するはベイスターズの4番牧秀悟。


今日の試合の唯一の勝ち筋は、ここで犠牲フライでもボテボテのゴロでも良いから、何とか1点でも勝ち越し、6回以降に勝ちパターンの投手を注ぎ込んで逃げ切ることだった。


しかし、牧は1-2からの4球目を引っ掛けて強いサードゴロ。


5-4-3のダブルプレーで一瞬にしてチャンスは潰えた。




こうした時、私はいつも、「仕方ない。次のチャンスに望みをつなごう」と自分に言い聞かせるのだが、本当は知っているのだ。


次のチャンスなんて多分ないのだ、ということを。


幸運の女神には前髪しかない


つまり、チャンスを逃がしてしまうといくら追いかけても決して捕まえることはできない、ということなのだろう。


それにしても、前髪だけ長くて後頭部を刈り上げている女神というのはあまりにもアバンギャルドなのではないかと思い、調べてみた。


調べてみると、どうも本当は女神ではなく、一瞬の時を司るイケメンの男神カイロスというのが原型らしい。



古典の絵画などを見ると、前髪を辮髪のように伸ばして後ろを刈り上げたイケメンにしては奇妙な髪型の神様で、どうも牧秀悟はこの束ねた髪の毛をつかみ損ねたらしい。


そして、2-2のまま試合は6回に入る。


5回表の大貫は岡本和真を三振にとり、その後も凡退に抑えてこの試合初の三者凡退のイニングとしていた。


調子はむしろ上がっているように見えたのだが、球数は92球。


三浦監督は以前から中盤以降の大貫を信用していないような節がある。早めに替えたがるのだ。



5回裏に1点でもとって勝ち越していれば、徳山、伊勢、森原、山﨑と勝ちパターンの継投を起動するのだが、連戦の最中に同点ではその踏ん切りはつかなかったようだ。


そして、今日も結局、「迷ったら上茶谷」という判断保留の選択をしてしまった。


これが上手くいくこともあるのだが、今日は打たれて2失点。



その後、松本凌人も打たれて2失点。


打線はその後チャンスらしいチャンスもなく、2-6と完敗した。



一死満塁のあのチャンスで牧がせめて外野フライでも打っていてくれれば、などと言ってみても始まらない。


冒頭にも書いたが、所詮、ヒット数がジャイアンツの4分の1しかないのだから負けて当然の試合だったのだ。


シーズン終盤やCSなどであれば、何でも良いから勝ってくれというところだが、今はまだその時期ではない。


こういう試合で不思議の勝ちをしてしまうと本来向き合うべき課題を見過ごしてしまいかねない。


だから、今日のような負けるべくして負けた試合はそれで良かったのだと思うことにしよう。


三浦さんにお願いしたいことは一つだけ。


「牧が打てなかったら仕方ない」などと言わないでほしい。


そこで思考停止してしまったら負けた意味がなくなってしまうから。


こうしたチャンスであまり対戦のない堀田選手のような投手が相手になった場合、「牧が打てる確率を最大限高める」ために何ができるのかをスコアラーや打撃コーチ陣と工夫し、ベストを尽くす努力をして欲しいのだ。


そして、私たちファンが後日、あの時の負けは意味のある良い負けだった、と思わせて欲しい。


そういう負けを積み重ねていけば、シーズンが深まるにつれてベイスターズは強いチームへと「横浜進化」して行ってくれることだろう。




がんばれベイスターズ!


勝っても負けてもいつでもどこでも


ずっと応援している。

度会隆輝の満塁ホームランと感情のジェットコースター





プロ野球というのは異世界だとつくづく思う。


私たちの暮らす普通の世界では、退屈な時間の中に、時折、悔しいことや腹の立つこと、悲しいこと、そしてごく稀に、ああ、生きていて良かった、と思うようなことがある。


しかし、これらは皆私たちの内面で起きていている感情の動きであり、日々の生活は、特に仕事というやつは、少なくとも表面的には何もなかったかのように淡々と過ぎて行く。


日常というのはそうあるべきものなのだ。


マウンドとバッターボックス、約18mを隔てて対峙していたピッチャーとバッターが、ほんの数秒後には天国と地獄に分かれ、打たれた投手は膝に手をついてうなだれ、打者は片手を大きく天に突き出してダイヤモンドを一周する。


その彼を見つめる数万の観衆は万雷の拍手を送るのだ。


この非情なまでに鮮烈な勝者と敗者のコントラストは、私たちの暮らす普通の世界では絶対に見られない。



私たちは、ただ、決して劇的なことの起きない日常生活の代理戦争のように、プロ野球という残酷な勝負の世界に憧れ、声援を送り、そしてしばしば当事者のように打ちひしがれて食事も喉を通らなくなる。



一昨日の雨の夜、横浜スタジアムの阪神戦で、味方打線がなんとか試合をひっくり返して作った3-1のリードを9回表に登場したクローザーが一死も取れずに台無しにしてしまった。


恐らく、山﨑康晃投手はあの夜、どこに持っていけば良いのか分からない強烈な悔しさを抱いて過ごしたのだろうし、巻き添えを食った若い徳山壮磨投手も大きな挫折感を味わったのだろう。


彼らに代理戦争を託した我々ファンも落ち込み、悔しさを噛み締めていたので、横浜市内の夜空には星も見えなかったという。


それからわずか2日後の今日、今度は正反対のことが起きた。


東克樹と戸郷翔征という2人のエースの緊迫した投げ合いは、1-1の同点のまま6回を終えていた。


そして迎えた7回表の読売の攻撃。


一死走者無しから、前の打席で東からレフトフェンス直撃のツーベースヒットを放っている2年目の萩尾選手が今度はセンター桑原将志の頭上を超えてフェンスに当たるスリーベースヒットを打った。


続く吉川尚輝も前の打席で東からヒットを打っており、今日はこの2人が最もタイミングが合っているように見えた。


吉川選手は東の初球を叩いてライト前への逆転タイムリーヒット、1-2とリードを許した。



その裏、尻上がりに調子を上げた戸郷選手は山本、度会、代打井上を三者凡退に退けてお役御免。


この後ジャイアンツは未だ無失点で10ホールドを上げている新人の西舘投手からクローザーの大勢投手へ繋ぐ継投に入るので、この時点でベイスターズの負けがかなり濃厚という情勢だった。


しかし、8回表に2人のランナーを出しながらも森唯斗投手が気迫のこもったピッチングでジャイアンツ打線を抑えると、その裏の攻撃でベイスターズがセットアッパーの西舘投手を攻め立てた。


まずはその回先頭、久々の1番センターでスタメン出場した桑原将志がセンター前ヒットで出塁し、2番石上泰輝が1球で送りバント成功。


一死二塁で打席に入った佐野恵太は2-2と追い込まれてから外角高めにやや甘く入ったストレートを逆らわずに左中間に運ぶツーベースヒット。


桑原が生還してあっという間に追いついた。


さらに、続く4番牧秀悟も2球で追い込まれてからインコースのストレートを引っ張ってレフトの頭上を越える逆転タイムリー。



3番と4番の活躍で3-2と試合をひっくり返した。


その後、二死満塁となって、この日初めて8番に打順を下げてスタメン出場の度会隆輝が打席に入る。


度会の対左腕の打率が1割を切っていることを知っているジャイアンツベンチは左の高梨投手をマウンドに送った。


バッテリーは5球続けてスライダーを選択し、度会は2回バットを振ったがその時点では全く合っていないのは明らかだった。


フルカウントからの6球目、度会は5球目までで高梨投手のスライダーの軌道に慣れてきており、しかもこのスライダーが1番甘いコースに入った。


パンチショットというのだろうか?


手首を返さずに強くぶつける感じでコンタクトすると打球はグングン伸びてライトスタンド中段に飛び込む満塁ホームランだ。DeNAになってから初めての新人の満塁弾との由。



手首を返して振り抜いてしまうと打球はフックしてしまいファールになっていたことだろう。


度会選手の技術とセンスを改めて感じさせられた打席だった。


高梨投手はベンチでうなだれ、一方の度会隆輝は一塁側スタンドを埋め尽くしたファンが総立ちで歓声を送る中、ダイヤモンドを回りながら何度か以前よりは控えめなガッツポーズを見せた。


一昨日とは打って変わった歓喜の瞬間。


私自身、毎年言っていることなのだが、ペナントレースは毎日が感情のジェットコースターだ。


9回は森原康平があっさり三者凡退に抑え、7-2で快勝。


森唯斗は移籍後初勝利を挙げた。





ホームに戻ってきた時、その後に守備につく際に深々とお辞儀をしながら声援にこたえる時、そしてお立ち台でも度会選手の目には涙があった。



ここまで数試合にわたってノーヒット。


一発サヨナラの場面で三振に倒れるなど自分に不甲斐なさに悔しさを噛みしめていたこともあった。


そして今日初めてトップバッターから外れて8番に下げられた。


緊迫した場面でも笑顔で打席に入り、凡退しても笑顔を見せたことについて賛否それぞれの意見が飛び交うなど周囲からのプレッシャーもあったことだろう。


その全てを堪えて、結果で見返してやり、ずっと声援を送ってくれていたファンたちに恩返しができた嬉しさやホッとしたような気持ち。


そうした沢山の感情が混ぜこぜになって涙になったのだろう。


いや、本当のところは私には分からない。


数万人の観衆そして数百万人の視聴者が自分の一つ一つの動きを見つめる中である日は凡退し、ある日は奇跡のような素晴らしいプレーを見せる。


その時の本人の気持ちはどんなものなのだろう?


これは、同じ経験をしたことのあるごくわずかな人間にしか本当には分からないことなのだろう。


ここまで書いて、Chemical brothersというバンドのLet forever beという歌を思い出した。


数年前に三菱地所のテレビコマーシャルで使われていたのでご存じの方もいらっしゃると思う。


あの歌詞は、ひょっとすると、度会隆輝の心のことを書いていたのではないだろうか?


“And how does it feel like

To make it happening?

大それたことをやってのけたら

どんな気分になるんだろう?


And how does it feel like

To shine on everyone?

そしてみんなを光で照らしたら

何を感じるのかな?


And how does it feel like

To be a crystalline?

その後、結晶みたいに透明な気持ちになったりして?


Scream a symphony

さあ、大きな声で交響曲を叫ぼう”




さて、プロ野球という異世界は、明日、どんなドラマを見せてくれるのだろうか?