mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

松尾汐恩と勝又温史の輝く日々





ベイスターズにとってオープン戦初戦となる今日の試合はビジターでのファイターズ戦だった。


ファイターズの先発投手はFAで獲得を試みた山崎福也選手で、緩急と制球に長けた大人の投球術を見せつけられた。


2回をパーフェクトに抑えられ、逃した魚の大きさを実感することとなったが、まあこれも何かの縁なのでベイスターズとの対戦以外では活躍を期待しようと思う。


ファイターズの打線は1番に新外国人のスティーブンソン選手、2番に首位打者の経験がある松本選手、3番には中日から移籍した好打者のマルティネス選手、そして4番にこれもベイスターズが獲得に向けて調査を行なっていたというレイエス選手を並べた強力な布陣。


ベイスターズ先発の大貫晋一は一死から松本選手に巧く三遊間を破られたが、続くマルティネスとレイエスを連続三振に打ちとり無失点で切り抜けた。


大貫は2回を三者凡退で簡単に済ませ、順調な調整ぶりを感じさせた。


スプリットが適正な高さにコントロールされており、スライダー、ストレート、ツーシームを織り交ぜてピッチトンネルを構築する彼らしい投球の片鱗は見せてくれたと思う。



ツーシームの握りを指一本分深くして変化量を増した新球を試したとのことで、そのせいか右打者のインコース(左打者のアウトコース)を狙ったボールがややはっきりとボールゾーンに流れて行っており、各打者に見送られていた。


制球に優れた彼のことなので、開幕までにはしっかりと調整してくれることだろう。


あの曲がりでストライクゾーンから逸れていくコースにコントロールできればかなり有効なボールになるのではないだろうか。


2番手のアンドレ・ジャクソン投手は代わりばなに伏見選手に死球をぶつけてしまうなどコントロールに苦しんでいるように見えた。


その後、スティーブンソン選手にツーベースヒットを許し、マルティネス選手を歩かせて二死満塁のピンチを迎えたが、レイエス選手を3-1からショートゴロに打ちとりなんとか切り抜けた。


次の回のピッチングはやや安定して5番からの打順を三者凡退。


まだ調整途上なので、彼の実力の程は半ばベールに包まれていると感じた。引き続き注視して行きたい。


3番手のローワン・ウィック投手は球威、制球ともにもう一つで、ツーベース2本、単打と四球などで5回だけで3点を失った。


先頭の伏見選手に何となく投げたストレートをフェンス直撃の長打にされてから立ち直ることができずに連打を浴びてしまったという印象。


ウィック投手は17日の中日戦ではヒット一本を許したものの無失点で抑えており、ストレートの球威はこの時の方が優っていたように思う。


私は彼のショートアームのフォームは理にかなっていると思うし、調整が進めばもっとしっかりした投球を見せてくれると楽観的に捉えている。


次の登板機会までに彼がどれだけ修正できるのか、こちらも注目してみたい。


と言うわけで0-3とリードを許したものの、続く6回表の攻撃で先頭の柴田竜拓が死球で出塁した後、期待の石上泰輝がライト前にクリーンヒット。


ここで柴田がサードまで進んだ走塁は評価できるし、その後の石上泰輝の二盗も良かった。


代打で出た戸柱恭孝のファーストゴロの間にまず1点。


さらに、7回表には先頭の松尾汐恩がファイターズの4番手福田投手の初球をレフトスタンドに運ぶソロホームランで2-3と1点差に追い上げる。



松尾選手は甘いボールが来たら初球から思い切り行ってやろうと思っていたそうで、この2年間は公式戦でホームランを打たれておらず昨シーズンは23登板で防御率0.00の福田投手から打った1発は自信になったことだろう。


昨日のブログでも書いたが、今シーズンの松尾捕手の活躍はますます期待されることとなり、同時に捕手としての育成と打者としての起用をどうやって両立させるのか、首脳陣の宿題はさらに難しいものになりつつある。


今日の試合でも先日の練習試合に続いて二盗を刺す場面があり、また、キャッチング技術も入団当初に比べると格段に向上しているように見える。


オープン戦を通じて今の調子を保てるのであれば、そのまま1軍の第二捕手として抜擢するべきではないだろうか。


私は彼がスター選手への階段を昇っていくことをほぼ確信しつつある。あとはタイミングの問題だけだ。


さて、ベイスターズの4番手は右アンダースローの中川颯投手。


彼が6回からの4イニングを2安打無失点でしっかりと抑えてくれた。


捉えられたように見えた打球もいくつかあったが、微妙にタイミングやコースをずらしているのだろう。結果的に野手の守備範囲で収まっていた。


彼はもともと所謂フライボール投手であり、アンダースロー特有の浮き上がるボールで外野フライに打ちとるタイプなので、狭い横浜スタジアムとの相性が懸念されるが、両翼のウィング席が設置されてから風の流れが変わったことが彼にとっては幸いするように思う。



中川投手がオープン戦でこのまま順調に登板を重ね、一方で新外国人投手の調整が少し遅れる状況だと、彼が開幕時の先発ローテーションの一角を占める可能性も出てきている。


中川投手が無失点で踏ん張ってくれ甲斐があり、最終回の攻撃で先頭の京田陽太が死球で出塁すると、代走西巻の二盗成功と悪送球で無死三塁となり、その後、勝又温史の左中間を破るタイムリーツーベースで同点においついた。


オープン戦の勝敗は二の次とはいえ、やはり負けない方が良いに決まっている。


スタメンの予定だった桑原将志の腰痛の影響で急遽出場機会を得て、殊勲の同点打を含む2本のツーベースを放った勝又選手の試合後のコメント。


“自分みたいな年齢の選手はチャンスが少ないので後悔のないようにやる。それだけだった”


このハングリー精神が良いではないですか。



三浦監督も、勝又は身体を壊すのではないかと心配するくらい練習している、と語っており、我々ファンとしては尚更応援したい。


松尾汐恩と勝又温史。


この二人のこれからの活躍が白昼夢のように頭の中に去来した今日の試合だった。


野球以外のものには目もくれず、どこまでも真っ直ぐに育って行って欲しい。


君達ならそれが必ずできる。


おじさんはそう信じているよ。

実力者たちと新勢力の競演に期待が膨らんだ日





6試合目となった練習試合はこれで最後。


明日からはオープン戦という次のステージに進むことになる。


スターティングメンバーも本番仕様に近づきつつある。


1番 ライト 度会隆輝
2番 センター桑原将志
3番 レフト 大田泰示
4番 セカンド牧秀悟
5番 指名打者宮﨑敏郎
6番 ファースト大和
7番 キャッチャー伊藤光
8番 サード 石上泰輝
9番 ショート林琢真


先発投手 東克樹


打線は初回から活発だった。


先頭の度会がヤクルト先発のインコースのボールを引っ張って一、二塁間に転がすとセカンド山田哲人はなんとか追いついたがボールがグラブにおさまらず内野安打。



桑原は定番のサードゴロでランナーを進めることができず、さらに盗塁失敗で二死走者なしとなったが、続く大田、牧の連続安打で先制。


さらに一塁に牧を置いて5番宮﨑の実戦最初のスイングは小川の真ん中低目の変化球をジャストミートして振り抜いた当たりでレフト方向に柵越えのツーランホームラン。


ヤクルトの開幕投手候補小川泰弘を初回から攻めて4安打で3点。



桑原は心配だが、攻撃全体としては悪くない。


さらに、その裏、実戦で今季初のマウンドに上がった東克樹が昨年同様の精妙なコントロールを見せてくれた。


先頭の並木選手への初球はやや甘く入ったストレートでセンターフライ。少しヒヤッとした打球だったが、その後は西川選手、濱田選手をいずれも三振にうちとった。


続く2回裏も4番村上宗隆、5番サンタナから三振を奪いこれで4者連続三振となった。


6番山田哲人はサードゴロでこの回も三者凡退。上々の初登板を2回パーフェクトで無事に終えた。


濱田選手から見逃し三振を奪った右打者膝下のストレート、西川選手に自分のスイングをさせなかったスライダーともに一級品であることは間違いない。


昨シーズンやや被打率の高かった左打者に対して今年はフロントドアのスライダーを整備しているようなので、また進化した姿を見せてくれるだろう。


現状維持は退化と同じというチームのスローガンを身をもって実践する姿は、今永昇太がMLBに移籍した後のエースとしての自覚も十分だと思う。



打線の方は2回表にも石上、林の連打の後、度会の2打席連続のヒットがタイムリーとなり、桑原がライトフライに倒れた後(しかしこの当たりは悪くなかった。こう言う強引さのない素直な当たりが増えてくれば復調してくれるはずだ)、これも2打席連続となる大田泰示のヒットをレフトのサンタナが後逸してリードを6-0に広げた。


これで勝敗はかなりベイスターズに傾いたが、練習試合ということで中盤から両チームとも大幅にメンバーが変わる中で出入りの激しい試合展開となった。


試合結果は10-6でベイスターズの勝利。最終回に登板した中川虎大がヒット5本で3点を失ったため、最後は少しハラハラしたがなんとか逃げ切った。


中川投手の打たれた安打にはコースヒットや打ち取った当たりなどもあったが、彼の持ち味のストレートで押し込むことができずそのためにフォークボールも余裕を持って見送られていた。


前回登板もあまりピリッとしなかったので、ファームの誰かと入れ替えで再調整ということになるかも知れない。


以下、目立った選手について簡単にコメントしておく。


注目の新外国人投手、アンソニー・ケイは代わりばな、3回裏先頭のオスナ選手にストレートをレフトスタンドに運ばれ、自分のペースに持ち込めなかったように見えた。


続く4回にも完全に打ちとった濱田選手のファーストフライを京田選手が落球するという不運からピンチになり、満塁から武岡選手のセカンドゴロの間に2点目失った。


京田選手の捕球位置はショートの前辺りであり、上空はかなり風が強かったものと思われるが、言い訳にはならない。


数日前の練習試合でもサードを守っていて内野フライを捕球できずに走者がセカンドまで進んだことがあった(記録はヒットだったが)。


ケイ投手は決して悪くないと思う。


新しい環境に慣れて実力を発揮するまでもう少し待つことにしよう。制球の精度が少し向上するだけで見違えるような投球になる可能性は十分にあるように見えた。


クローザーの座を争うと目されている山﨑康晃、伊勢大夢、森原康平の3投手も揃って登板し、いずれもノーヒット、無失点だったが、伊勢の投球は本来のものではなかったように思う。


ストレートを芯で捉えられる確率が高く、競った展開ではちょっと怖い印象だ。


これから開幕までにどのくらい調子を上げてくるか。彼も生命線は空振りのとれるストレートなので、そのボールが戻ってくるかどうかに注目したい。


オフの間に体重を9キロ絞ったと言う山﨑康晃は新球のチェンジアップを試すなど順調な仕上がりを見せていた。


やはり修羅場を切り抜けてきた経験値では飛び抜けているので、彼が安定して抑えを務めてくれるとチームの戦いぶりも落ち着くのだが、どうなるだろう。



打者では、宮﨑敏郎、大田泰示、牧秀悟といった実力者たちがさすがの力を見せつけた一方、度会、松尾、石上、林という若手たちがいずれもマルチヒットで打点も挙げ猛アピールしている(石上泰輝は猛打賞)。


松尾汐恩は今季の対外試合で打率6割を記録しており、やはり打撃では非凡なものを持っている。


今季は1軍に帯同させて高いレベルを経験させるのか、もう一年ファームでじっくり守備を磨くのか、首脳陣も悩ましいところだろう。


1軍に帯同しつつ時折ファームでも試合数をこなすという手もあるが、無理して怪我などしたら目も当てられない。


明日からのオープン戦での彼の使われ方は注目すべきポイントの一つだ。



2021年の牧秀悟以来、新戦力の旋風というものを見せてもらっていないが、今年の新人たちは一味違うようだ。


今日は出番がなかったが、松本凌人投手も含め今年の新人たちの活躍がチーム全体を活気づけてくれる近未来が目に浮かぶ。


そして、牧、宮﨑、東、山﨑、森原と言った実力者たちの順調な仕上がりも考えると、優勝に近いと言われた昨シーズンより、実は今年のチームの方が高レベルなのではないか、と言う気もしてくる。


頑張れベイスターズ!


勝っても負けても、いつでもどこでも、ずっと応援している。

悲喜こもごもの初勝利 小園健太の問題は何なのだろうか?





今日で対外試合は3戦目。


練習試合だとは言え、いくらなんでもヒットが出なさすぎると思っていた試合序盤が嘘のように、7回から6点を挙げる猛攻を見せて逆転勝ちした。


野手では未だ主力が顔を揃えていないが、投手陣は期待の新入団選手たちがこぞってアピールしてくれた。


一方、思い描いていた展開とは大きく違ってしまった選手もいるようで、今日の関東地方のように曇り時々晴れと言った印象だ。



【東妻純平と松尾汐恩がアピール成功】


この試合で一番目立ったのは、9回表の攻撃でチーム初ホームランを放った東妻純平選手だろう。


ドラゴンズの勝ちパターンの一角として昨年活躍した松山晋也投手は昨シーズン一本もホームランを打たれなかったそうだが、その投手からの本塁打は一層価値があると言うものだ。



東妻選手は7回の打席でも一死一、二塁から逆転2点タイムリーツーベースを打っており、2安打3打点の大活躍だった。


この時の対戦相手も昨シーズン勝ちパターンの一角を担ったフェリス投手であり、決して簡単に打ち崩せる投手ではない。


持ち前の打力を活かして外野コンバートの挑戦している今オフには、自ら志願してオーストラリアリーグに参加し、4番を任せられるなどの活躍を見せた。


オーストラリアの日本とは異なる野球文化に接して視野が広がり気がついたことも多かったようで、バッティングの勝負強さや思い切りの良さ、そしてそれを支えるコンパクトだが強いスイングを身につけるなど、一皮むけたようだ。


帰国してインタビューに答えた彼が、良い意味でのアバウトさの重要性が分かったと言っていたり、練習をやりすぎるのではなく、「もっとやりたい」と言う気持ちでその日の練習を終え、翌日はその意欲のまま野球に取り組んでいくと言うルーティンが新鮮だったと語る姿にも彼の成長ぶりは見てとれた。



新人の度会選手も含め競争が熾烈を極めるベイスターズ外野陣だが、これまでのところ最もアピールしているのは捕手からコンバート中の東妻選手のように思われる。


アピールしたと言えば、もう一人。やはり捕手登録の松尾汐恩選手。


言わずと知れた昨シーズンのドラフト1位でベイスターズのみならず12球団全体のトッププロスペクトでもある松尾選手も、今日の試合で2安打のマルチヒットを記録して非凡な打撃センスと技術を見せつけた。


今日は2本とも思い切りよく引っ張ったクリーンヒットで、スイングの鋭さもバットコントロールも高卒2年目の春とは思えないレベルだ。



さらに、9回一死一塁のピンチでは、俊足の小田選手の二盗を阻止するなど捕手としての守備面での成長も見せてくれた。



【今年に賭ける勝又温史と中川颯】


投手として入団した勝又選手は、一旦は育成契約となったが、元々、高校(日大鶴ヶ丘高校)でもバッティングが評判になっていた選手であり、昨シーズンに野手として再度支配下登録にこぎつけた。


こうした経緯があってのことだと思うが、泥臭くしがみついて結果を出す、と明言しており、今年に賭ける決意が並々ならぬものであることがうかがえる。


レフトとして先発出場した12日のドラゴンズ戦で猛打賞を記録し、今日もまた、4打数2安打、1打点と結果を見せた。


彼も鋭いスイングでしっかりコンタクトできることが強みの好打者に成長しつつある。



課題だった外野守備もファームでみっちり鍛えたお陰で、だいぶサマになってきた。


一気にレギュラーとまではいかないだろうが、楠本泰史や蛯名達夫のポジションを脅かす存在になることは間違いないように思う。


もう一人、オリックスを戦力外となってベイスターズに入団した中川颯投手も今年に賭ける気持ちが人一倍強いだろう。


彼が実戦で投げる姿を、今日、初めて見たが、アンダースローの特長を上手く使って打者を牛耳ることができていた。


特に、右打者のインコース高めに投げ込むシュートホップするようなストレートと沈む軌道のツーシームのコンビネーションが素晴らしいと感じた。


ボールのキレ、コントロールともに今日の出来であれば十分に1軍の先発として通用する力があると思う。


唯一の懸念は、やはり対左バッターだろう。


今日もアウトコースのツーシームがやや甘く入ったボールはしっかりと捉えられていた。


しかし、この点も、バックドアのカーブやスライダーで左打者を上手く打ちとる場面もあったので、これからの調整次第では長いイニングを投げ切ることもできるように思う。


昨年の2軍での成績を見ても、投手王国のオリックスでなければ戦力外になるような投手ではなく、そのことは本人も認識しているはずなので、「やってやるぞ」と言う気持ちは強いだろう。


この二人のこれからをしっかり見届けて行きたい。



【ジャクソン投手とウィック投手は少なくともハズレではない】


先発したアンドレ・ジャクソン投手は190cmの長身を活かした角度のあるストレートと球速差のあるチェンジアップのコンビネーションが好印象だ。


ストレートの最速は154km/hであり、この時期としては十分だろう。加えて、ボールが少し動いているようにも見えた。



制球にも大きな問題はなく、あとはクイックモーションがどの程度卒なくこなせるかと言うところだろう。


今日はディッカーソン選手にヒットを許したが、それ以外は打者を押し込めていたと思う。


一部報道では、スタミナにやや不安があると言う噂だが、その懸念が無ければ十分に先発ローテーションの一角を担う投手だろう。


ローワン・ウィック投手はウェンデルケン投手と体格もテイクバックの小さい投球フォームも似ているように見える大型投手で、最初の打者に対してはストレートが少し上ずっているように見えたがマウンド上でそれを修正する適応力も持ち合わせているようだ。


低めのストレートで鵜飼選手のバットをへし折った当たりがセカンド後方にフラッと上がり、突っ込んできたライトの度会隆輝が弾いて不運なツーベースとなったが、こちらも力強いストレートで打者を牛耳ることができていた。


今日はナックルカーブが高めに浮いていたが、あれが良いコースに決まりだせば、十分に勝ちパターンの一員としてブルペンを支えるだけの実力を持っているように見える。


この二人は少なくともハズレではない。今永、エスコバーが抜け、バウアーの去就が不明な状況でフロントは適切な補強をしてくれていると思う。


【小園健太の問題は何なのだろうか?】


小園健太は前回に続いてピリッとしなかった。


2回から3イニングを投げて失点1と聞けばまずまずと思われるかも知れないが、60球、被安打5、与四死球4つまりWHIP3.0と言う大乱調で、3回と4回はいずれも満塁の走者を背負う苦しい投球。


失点1で済んだのが僥倖と思えるような出来だった。


ランナーが塁上を賑わせても失点しない「打たれ強さ」と言うのも投手に必要な資質かも知れないが、彼が今目指すべきところはそこではないだろう。


ともかく制球が安定しない。


明らかなボールか甘く内側に入るストライクのどちらかで、打者としては見極めやすいピッチングだった。


コースが甘いせいもあるが、ストレートを芯で捉えられることも多かった。


しかし、皆が口を揃えて言うほど「小園は論外」なのだろうか?


素人の私が言うことなのであまり当てにはならないが、彼の投球はメカニック的には悪くないように思えるのだ。


素早く小さいテイクバックで投げ込む今時のフォームは理にかなっているし、キチンと指にかかったストレートがアウトローに決まるとバッターは中々手が出なかった。



しかし、「投手は一球で地獄に落ち、バッターは一球で天国に登れる」と言われるように、ピッチャーは時たま投げる良いボールがどれほど良いかを競うのではなく、逆に悪いボールが致命傷にならないようなリスク管理をしなければならない。


その生命線となる安定性、あるいは再現性と言われるものを掴むまであと一歩のところに小園投手はいるように思われる。


その一歩は、テイクバックの時のグラブの位置、振り上げた右手首の高さ、着地した左膝のわずかなクッションといった何か非常に微妙なもの、本人しかわからない、そして本人もまだ知らない何かであるように思う。


昨年の開幕直前まで、東克樹が不安定な投球を続け、ローテーション争いの序列は一番下だったことを思い出そう。


小園健太がここから巻き返して活躍する可能性は決して低くないと私は信じている。


頑張れベイスターズ!


勝っても負けても、いつでもどこでも、ずっと応援している。