mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

対カープ三連敗は本当に拙攻のせいでその責任は監督にあるのか?





先週は幸先よくヤクルト相手にスイープを決めたが、その後、ホームで広島に三連敗を喫するという乱高下だったベイスターズ。


スポーツ紙やネット上の意見では残塁の山、拙攻続き、首脳陣の無策などという言葉が並んだ。


このうち残塁については、連日の二桁残塁という記録が残っている以上、はっきりしている。


しかし、拙攻や采配の問題というのは主観的な判断がからみ結果論にもなりがちなグレーエリアだと思う。


そこで、試合のない月曜日は連敗の悲しみを堪えてこの辺りを分析してみようと思う。



【拙攻とは何なのか?】


辞書を引いてみると、拙攻=スポーツ等での拙い攻撃などと書かれているが、これではあまり参考にはならない。


ここでは、一歩踏み込んで、拙攻=得点の確率の高い局面で得点を挙げることができなかった攻撃、と考えてみることにする。


結果的に得点が入らなくても、それが相手チームのファインプレーによるものだった場合にはあまり「拙攻」という語感には当てはまらないかも知れないが、後述するデータにそこまでは記載されていないため、ここではこれも拙攻の内としよう。


さて、そもそも、チャンスと言われる場面で点が入る確率はどの程度あるのだろうか?


下の表はプロ野球データパーク(https://baseball-datapark.skr.jp/arekore/run-expectancy/#google_vignette)の情報に基づき作成した、2024年シーズンのNPBにおける塁上走者別の得点確率と得点期待値である。



上に書いた「得点の確率の高い局面」というのをどのように設定するかだが、少なくとも得点確率が50%を上回っているべきだし、しかも、ハッキリと上回っているべきだと思う。


少し恣意的かも知れないが、本稿では得点確率60%以上を「得点の確率の高い局面」(黄色でハッチングした部分)と定義する。


該当するのは、無死で三塁に走者のいる場合(三塁、一、三塁、二、三塁、及び満塁)と一死二、三塁及び満塁の5つの局面だ。


無死二塁というのは大きなチャンスのように思うが、得点確率は50%を超えるものの60%には達しない。走者を三塁に進める送りバントが成功すれば一死三塁となって得点確率は66%程度に上がるのだが、やはりこの場面での送りバントは難しいということだろう。


一死一、三塁も大きなチャンスだと思っていたが、得点確率は同じく50%を超えるものの60%には達しない。これはファーストランナーがおり併殺打の確率が高いためと考えられる。


二死では状況によらず得点確率が3割を下回っており、例えば二死満塁のチャンスでも得点確率は26.9%、つまり、二死満塁のチャンスが4回あったらそのうち一回は得点できそうだ、という程度に過ぎない。


二死満塁を2回続けて無得点で終えるというのは明らかな拙攻であるように思われるが、その確率はおよそ53%つまり2回の無死満塁のチャンスのうち少なくともどちらかで得点できる確率は47%となって、50%にも達しない。


つまり、上に書いた定義に従えば、これは拙攻とは言えないのだ。


ちなみに、二死満塁を3回続けて無得点で終える確率は39%であり、3回のうち少なくとも一度は得点できる確率は61%。


従って、二死満塁を3回続けて無得点で終えたら、それは拙攻だ、と言って良いことになる。



【対広島三連敗時の「拙攻」のケーススタディ】


昨日までの3連戦で得点確率が60%を上回った局面を列挙してみよう。


第一戦(5月24日)

◯1回裏 一死満塁 (結果)山本祐大の犠牲フライで1得点

× 8回裏 一死二、三塁 (結果)筒香嘉智三振、山本祐大捕邪飛で無得点


第二戦(5月25日)

◯2回裏 無死満塁 (結果)伊藤光タイムリーヒットで1得点

◯2回裏 無死満塁 (結果)知野直人押出し四球で1得点

◯2回裏 無死満塁 (結果)中川颯タイムリーヒットで1得点

◯2回裏 無死満塁 (結果)蝦名達夫タイムリーヒットで2得点

× 2回裏 無死満塁 (結果)佐野恵太三振、筒香嘉智併殺打で無得点

◯5回裏 一死三塁 (結果)伊藤光タイムリーヒットで1得点

× 6回裏 一死三塁 (結果)佐野恵太セカンドゴロ、筒香嘉智三振で無得点


第三戦(5月26日)

× 2回裏 無死二、三塁 (結果) 林琢真三振、大貫晋一二飛、蝦名達夫遊ゴロで無得点


合計10回の「得点の確率の高い局面」があり、そのうち6回で得点を挙げている。


そう、たまたまだとは思うが得点確率はちょうど60%であり、際立って悪いというわけではないのだ。


続いて、内容を見てみると第一戦と第二戦での「拙攻」つまり得点の確率の高い局面で無得点に終わったケースは3つとも筒香嘉智に関係しており、二つは佐野恵太も打席に立っている。


個人攻撃をするつもりはないが、筒香の得点打率は .167であり(佐野は.301)、まだNPBの投手にタイミングが合っていないことが障害になっていることは容易に想像できる。


完全に後出しの理屈ではあるが、現状を考えると得点圏打率 .500のオースティンを4番に据えていればこの3つの局面でも得点できた確率は上がっただろう。


早過ぎた筒香の4番起用というのは首脳陣にも責任があったかも知れない。


もっと言えば、4番で固定していた牧秀悟の離脱が根本的な原因だったということもできる。


そして昨日のゲームの2回裏、無死二、三塁で無得点に終わった局面だが、ここは打者が直近6試合の打率が1割台の林琢真でありそもそも難しい。



スクイズという作戦もあるが、上記のデータパークによるとスクイズの成功確率は48%に過ぎず、得点確率80%の無死二、三塁であえて選択するのは難しい。


そもそも林をスタメンで起用した采配が悪いという意見もあるだろうが、大和、知野、柴田という二塁手スタメン候補の誰も直近6試合の打率が2割には達しておらず林と大差ない。


この日一軍に上げた西浦をスタメン起用という策はあったかも知れないが、ファームで打率2割台半ばという成績を過大評価することもできない。


そもそも牧秀悟が居れば、8番はショートまたは捕手の打順であり、ここでもまた彼の離脱が根本的な原因ということもできる。


以上、詳しく見てみると、牧秀悟の離脱後、まだ調整期間にある筒香嘉智を4番で起用したのは三浦監督はじめ首脳陣の采配に問題があったと言えるだろう。


そして、この判断は営業面を考慮した球団からの要請もあったかも知れない。


それ以外は明確な采配ミスとは言えないのではないか、というのが本稿の結論だ。


また、牧秀悟の不在は様々な意味でチーム編成に影響を及ぼしていると考えられる。

タイラー・オースティンのめざめ





ベイスターズの先発は自身2連敗中の石田健大、ヤクルトの先発はファームでの調整を経て約1ヶ月ぶりの登板となる高橋圭二。


どちらも勝ちに飢えている状況での登板だった。


先手をとったのはベイスターズ。


初回、先頭の蝦名達夫が高橋投手の高めのボールを上手く叩いてセンター前にゴロで抜けるヒット。


先発投手は先頭打者にヒットを打たれると自分の出来に関して疑心暗鬼になりがちだが、一ヶ月ぶりの一軍のマウンドだった高橋投手はなおさら不安を持っただろう。


続く桑原将志はセカンドフライに倒れたが、佐野恵太が四球を選び一死一、二塁となったところで今日はお疲れ休みの筒香に代わって久しぶりの4番に入ったタイラー・オースティンが打席に入る。


1-0から見送ればボールの高めのストレートを思い切り振りに行った。


打ちとられた当たりだったが、力でショートの頭上を越えるヒットとした。


セカンドランナー蝦名が素晴らしい打球判断であっという間にホームまで駆け込んでベイスターズが先制。


その後、一死満塁まで攻め立てたが、山本祐大の深いショートゴロは間一髪のダブルプレーとなり最初のチャンスはここで潰えた。


一方、石田健大はいつものように帽子を弄ることもなく良いテンポで丁寧に多彩な球種を投げ込んでいった。


スローカーブでカウントをとったり、カウント球でフォークを使ったりして投手有利のカウントを作り、ストレートをズバッとコーナーに決める好調な立ち上がりだった。



さて、2回以降立ち直りつつあった高橋投手だったが、3回表、先頭のオースティンが0-1からの2球目、真ん中高めのカットボールをコンパクトに強振。


打った瞬間にそれとわかる打球はレフトスタンド上段にまで達する大きなソロホームラン。


さらに、続く宮﨑敏郎も2-2からの6球目、高めのボールを思い切り叩いて左中間フェンス直撃のツーベースヒット。


山本祐大もヒットで続き、無死一、三塁となると、大和が注文通りにセンターへの犠牲フライで追加点を挙げた。


3-0とリードを拡げ、ベイスターズが主導権を握る。


続く5回表にもヒットの桑原将志と死球で出塁した佐野恵太を塁において、三たびオースティンが左中間深いところへのタイムリーツーベースヒット。これで4-0


その後、一死満塁のチャンスが続いたが、ここでは後続が倒れて無得点。一気に行きたいところだったが攻撃の流れが絶たれ、これがその後のヤクルトの反撃につながったように思う。


石田健大はその後も帽子を気にすることもなく快調に投げていたが、好事魔多し。


先頭の村上宗隆への3球目、アウトコースを狙ったスライダーがコントロールミスで真ん中に入ってしまった。


ツボに入るとやはり村上は怖い。


あっという間にライトスタンドへ運ばれた。



さらに、続くサンタナ選手にも高めに浮いたチェンジアップをバックスクリーンに運ばれるソロホームラン。


4-2とリードが縮まった。


石田健大はこのまま崩れるかと思われたが、なんとか持ち直し、オスナ、中村悠平、濱田を5球で打ちとり、追加点は許さなかった。


今日の石田は7回、89球、被安打7、奪三振5、与四球0、失点2のHQSで投球終了。


これでこの3連線の先発投手は全員がQS以上を達成したことになる。ヨシヨシ


8回はこのところ安定している伊勢大夢が登板。


しかし、二死から長岡の打ちとった当たりはセンター桑原のチャレンジ及ばず不運なポテンヒット。


続く山田哲人にもセンター前に打ち返され、二死一、三塁となって打席には怖い村上宗隆。


やはり打たれたか、という感じでセンター前へのクリーンヒット。


これで4-3と1点差まで追い上げられてしまった。


さらに、サンタナをデッドボールで出塁させてしまい、二死満塁のピンチ。


神宮球場にはヤクルトファンの歓声が湧き上がり、スタンドは熱を帯びた。


ここで打席に入ったのは現在打点王のオスナ選手。


やっぱりスワローズ打線は怖いなあ。


外角低めの変化球で誘うがオスナは手を出さず、3-1と打者有利のカウントを作られてしまう。


しかし、これまで幾多の修羅場をくぐって来た伊勢大夢の経験値は既に高いレベルに達しているようだ。


外角高め一杯に投げ込んだストレートは十分な力があり、オスナ選手のバットを押し込んだ。


ファーストファウルフライをオースティンがややよろけながら捕球してスリーアウト。


同点にはさせなかった。


こうやって絶体絶命のピンチを切り抜けた後には、得てして流れを取り戻せるものだが、9回表、先頭の森敬斗がヤクルト5番手の木澤投手からレフトオーバーのツーベースヒットを放ってチャンスメイク。


蝦名が体勢を崩しながら一塁方向への進塁打で一死三塁とチャンスを拡げた。


ここで打席に入った桑原将志は木澤投手の初球をコンパクトにセンターがえし。


鋭いゴロが前進守備のセカンド武岡選手のグラブをかすめてセンター前へ。


このタイムリーヒットで再び5-3と引き離して勝利を手繰り寄せた。


最後は安定感の出てきたクローザー森原康平が7番からの3人を8球で抑えてゲームセット。



最後の打者、代打で登場の青木宣親は森原の低めのフォークボールに手が出てバットが止まらず空振り三振。昨夜の再現のような幕切れだった。


これで今シーズン初めてのスイープとなり、勝率5割に復帰した。


神宮球場を苦手としていた石田健大はなんと7年ぶりの勝利。


来週は交流戦最初のカード、楽天戦での登板になると思うが、とにかく帽子のことは忘れて大胆かつ丁寧に投げて欲しい。


今日のヒーローはなんといっても3安打、1本塁打、3打点のタイラー・オースティン。


お休みが多すぎるという批判がベイスターズOBからも出ているようだが(そう言えば今日のフジテレビONEの解説はこの人だった)、やはり彼が居てくれると打線の迫力が違う。


彼が復帰した5月17日以来、5勝1敗とチームは快進撃を続けている。


彼自身もこの6試合で24打数、8安打、四球2、本塁打1、二塁打3の活躍。


打率 .364、出塁率 .417、長打率 .636でOPS 1.053という数字は文句なしに故障明けの大砲が覚醒したことを示している。


明日からのカープ戦はもちろん、2年連続の交流戦優勝を目指してチームをさらに勢い付けて行って欲しい。



筒香のホームランだけで勝つ試合で昔を思い出す



今日のジャクソン投手は先週金曜日のイースタンでの登板と同様、コントロールが破綻することもなく持ち前の球威を活かすことができた。


初回は丸山、竹岡を連続三振、オスナ選手をショートフライに打ちとり三者凡退のスタートを切った。


ここまで全球ストレート。一巡目はその威力を印象付けるとともに、ゾーンで勝負して投手有利なカウントで進めたいという戸柱恭孝のプランだったのだろう。



2回にはそのストレートを先頭の村上宗隆にライトに運ばれ、続くサンタナも彼特有の振り遅れたようなライト方向への長打で無死二、三塁となったが、その後、長岡をサードフライ、濱田を空振り三振に打ちとった。


ファーストが空いているため中村は申告敬遠し、予定通り小澤投手を三球三振に仕留めてなんとか無失点で終えることができた。


試合が動いたのは4回、一死から佐野恵太がセンター前ヒットで出塁すると、筒香嘉智が2球で追い込まれた後に粘ってカウントを整え、2-2からの6球目甘いコースに浮いた変化球を見逃さずに一発で仕留めたのはさすが。



打球は高く舞い上がって右中間スタンド中段に着弾した。


これで2点を先制した。


その裏、先頭の村上宗隆のライト前へのヒットに筒香がチャレンジしたが捕球できず、ボールが後方で転がる間に村上はサードまで到達した(記録はスリーベースヒット)。


続くサンタナはセカンドゴロだったが、その間に村上が生還して2-1と差が縮まる。


村上の当たりはギャンブルせずに止めておけばシングルヒットで済んだだろう。


意地悪く考えれば筒香のおかげで2得点そして1失点ということになるが、それでもプラス1点だ。文句は言うまい。


その後のジャクソン投手は5回に小澤投手にヒットを打たれるという不覚があったが、後続を断ってことなきを得た。


6回にはこの日三度目となるクリーンアップとの対戦だったが、ここでは、オスナをセカンドフライ、村上をファーストゴロ、そしてサンタナを空振り三振に打ちとり三者凡退に退けた。


7回の攻撃で打席が回ったジャクソンには代打が送られここで交代。


7回には2番手山崎康晃が登板したが先頭の長岡選手にツーベースヒットを許し、送りバントで一死三塁という絶体絶命のピンチになったが、ヤクルトベンチの仕掛ける代打攻勢に対して、川端慎吾見逃し三振、山田哲人ファーストファウルフライで打ちとり無失点で終えた。


代わりばなはストレートが高めに浮いていたが、川端選手に投じた3球目はインローいっぱいの厳しいボールだった。


これでベイスターズの勝利がかなり近づいた。


9回裏のマウンドには最近安定感の出てきた森原康平が好調の長岡選手にヒットを打たれたものの、その他の選手を危なげなく抑えてゲームセット。


ベイスターズの得点は筒香が4回に放ったツーランホームランによる2点だけで、2-1の僅差を守りきり、昨日に続いて連勝した。


筒香のホームランはこれで復帰後3本目となるが、逆転スリーラン(5月6日ヤクルト戦)、勝ち越しのソロホームラン(5月11日阪神戦)、そして今日の先制打にして決勝打のツーランといずれも試合を決める一発になっている。


振り返ってみれば、かつてはこんな試合がいくつもあった。


だからこそ我々ベイスターズファンにとって筒香嘉智の存在は非常に大きいのだ。


今日のヒーローインタビューに呼ばれたアンドレ・ジャクソンも言っていた。


”彼(筒香)の存在はチームにとっても、横浜の街にとっても非常に大きい”


よく分かっていらっしゃる。


筒香のいるベイスターズ、筒香のいる横浜へのタイムスリップを引き続き楽しもう!