mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

千回の辛い負けを力に変えられるチームだけが優勝を目指すことができる





4時間以上を要した熱戦に非常に残念な形で決着がつき、7-8のルーズベルト返しをされてスワローズに連敗した。


ネット上では早くも敗因とその当事者をめぐって色々な主張がなされている。


それらの意見はどれも間違ってはいないし、的を射ている指摘も多いと思う。


しかし、負けた試合に関して、何が上手くいかなかったかを言うことは容易く、いわゆる結果論に陥りがちだと言うことも忘れてはならない。


もちろん、全くの無策でことにあたり、当然考慮すべきリスクを見逃して失敗したのであれば、それはファンとしても批判すべきだ。


今日の敗戦は、本当にベンチや選手が何も考えずに選手起用やプレイをした結果なのだろうか?


私には、どうも、そうとは思えないのだ。


ネット上で取り沙汰されているポイントはいくつかあるが、代表的なものについて少し考えてみたい。



【牧のエラーと度会の記録には残らないミス】


これは言い訳できない。私もネット上の皆さんと同様に苦言を呈したい。


2人とも反省して守備練習に時間を割くとともに、ビジターの各グラウンドの特徴や対策についてしっかり勉強してほしい。


そして、毎日何度も繰り返す守備のプレイの全てで集中を切らさないこと。


そう言えば、今年から千葉ロッテに移った愛斗選手が西武時代にこんなことを言っていた。


“守備は本当に、投手の人生が懸っている。それを一番に、忘れずにやりたい”


2人とも分かっていることだとは思うが、もう一度、「投手の人生がかかっている」という言葉の本当の意味(入団後数年かかってやっと1軍での登板機会を与えられた試合でエラーから炎上して即抹消され2度と陽の目を見ることなく退団した投手も居るのです)をしっかり考えて常に丁寧なプレイを心がけてください。



【7回表 梶原のホーム突入】


3-4とリードされて迎えた7回表、梶原の内野安打とオースティンのポテンヒットで無死一、二塁となり、さらに佐野恵太がライト前ヒット。


ここで二走の梶原昴希は三塁を回ってホームに向かったが外野からの好返球もあって惜しくもタッチアウト。


次が4番の牧秀悟であることを考えれば、ここは持重して無死満塁のチャンスを作るべき、というのは誰しも考える妥当な意見だ。


しかし、実は、得点打率が2割を少し下回っている今季の牧秀悟の満塁での打率は.125、そして犠牲フライも0と非常に確度が低いのだ。


そもそも、その牧を何故4番に固定しているのだ、という批判はあると思うが、ここはチーム編成上の長期的な措置であり簡単にいじることはしない確固たる方針がある、と理解している。


だとすれば、8回に1回しか上手くいかない満塁での牧の打席にかけるよりは、俊足の梶原をホームに突入させ、まずは同点に追いついて無死一、二塁で牧を迎えるという作戦は少なくとも的外れではないと思う。


現に、外野からの返球が少しでもズレていれば梶原はセーフだったと思う。



そして、走者一、二塁の状況だと牧秀悟の成績は打率.316、出塁率.350にまで跳ね上がるのだ。


つまり、この作戦が上手くいって同点で無死一、二塁のチャンスを迎えた場合、牧のタイムリーで逆転することが期待しやすいことになる。


【同点の9回裏 森原康平の起用と回またぎ】


同点で森原を使って、仮に逆転できたとしても、ビジターのベイスターズはその後のヤクルトの攻撃を抑えなければ勝てない。


そして、森原の後はもう三連投となる坂本、京山、中川といった経験の少ない若手の投手しか残っていない。


だから、セオリー通り、逆転するまで森原は温存すべきだった、という意見も多い。


もちろん、これも正解だと思う。



しかし、今日のベイスターズベンチは違う作戦を選んだのだ。


一言で表すと、負けのタイミングをなるべく遅くする、というのが彼らの狙いだったのだと思う。


通常の試合であれば、負け試合に多くのリリーバーを注ぎ込むことは避けるべきであり、継投の中で弱いパーツは先に出して、いずれ打たれるのであれば早いうちに、というのが合理的だ。


しかし、今日はオールスター休みの直前であり、投手を出し惜しみする必要はない。


9回あるいは10回に打たれてサヨナラ負けをするのをなんとか阻止して、その間に逆転することを目標にしよう、そのためには9回から森原を回またぎも辞さずに使うのがベストだ。


そして、この作戦は佐野恵太の逆転ツーランホームランでまんまと成功したのだ。




【坂本裕哉の起用と丸山選手の巧打】


11回裏の時点でブルペンに残っていたのは坂本、京山、中川、堀岡の4人。


昨夜まで2日続けて被弾している中川と支配下登録されたばかりの堀岡はこの局面では使えないだろう。


そして、荒れ球で何故か毎回3-0までカウントを悪くする京山は走者がたまれば上位に帰る打順では使いたくない。


消去法的に坂本裕哉が選択されたのも私は間違いではないと思う。


そして、最初の打者である丸山選手への投球は悪くなかったと私は思う。


1-1から坂本の投じたボールは低めにコントロールされた落ちる変化球であり、これは打った丸山選手が上手かった、と諦めるしかない。


そして、坂本投手もそのように割り切れるボールだったはずだ。


しかし、次打者の青木宣親選手を打ちとったはずの打球がレフト前に落ち、これを関根大気が後逸して無死二、三塁となったところで、彼は平常心を失ってしまったようだ。


この投球も高さはやや甘かったがコースは外角ギリギリで悪くはないように思えるのだ。


若く経験の少ない投手が初めてのセーブシチュエーションでこの窮地に追い込まれては抑えるのは難しい。


その後、坂本が長岡選手に2点タイムリーを打たれて同点にされたのも、次の京山が自身のエラーも絡みオスナ選手にサヨナラタイムリーを打たれたのも私には必然のように思われる。


【関根大気はダイビングキャッチを試みた訳ではない】


スポーツ誌では「関根がダイビングキャッチを試みたが捕球できずに後逸してツーベースヒットになった」と書かれていたが、私はこの表現に違和感があった。


そこで、動画を何度も再生してみたところ、違和感の正体がわかった。


関根大気はギリギリ追いつくかどうかの打球に飛び込んでキャッチしようとはしていないのだ。


動画を見ると、彼は打球に追いついているのだが、落下地点を通り過ぎてしまいそうになり、右手のグラブ(関根選手は左利きなので)を慌てて斜め後ろに出している。


考えられる理由は一つ。高く上がった飛球が落ちてくる途中で一塁側後方の照明と重なり、見失ったのだろう。



そして、グラウンドに落ちる寸前に視界に現れたので慌ててグラブを出したと考えるべきだ。


プロである以上言い訳は出来ないが、目測を誤ったというような単純なミスではなく、関根選手の守備範囲と技術からすれば、見えていたら捕れていた打球だったと思う。


そして、これが捕球できて一死一塁となっていたら、坂本投手のメンタルはあれほど追い込まれはしなかったと思う。



【千回の辛い負けは本気で優勝したいチームをふるいにかける過程だ】


三浦監督は試合後、坂本や京山を責めなかった。


“最後の最後まで諦めずによくやったと思います”


“この粘りは後半に生きると思いますし、生かさなきゃいけない”


というのが彼のコメント。


9回、10回でのサヨナラ負けを回避してその間に逆転するために、後の投手の脆弱性を承知の上で森原を投入したのだから、彼としては選手を責める気にはならないだろう。


今日の負けは今季1番というほどこたえるものだった。


それは監督や選手にとっても、我々ファンにとっても間違いないことだと思う。


しかし、今日のような無様な負けはどのチームにもあることだ。


問題は無様に負けたことではなく、その負けから教訓を得、課題を明確にして精進することで前よりも強いチームに成長することができるかどうかだと思う。


ベイスターズは今までもこうした無様な負けを何度となく味わってきたし、これからも味わうことになるだろう。


そして、これらの負けを力に変えるための最大限の努力を惜しまないことが、「優勝を狙っている」と胸を張って言うための資格なのだ。




頑張れベイスターズ!


どれほど格好悪く負けても、それがさらに強くなるキッカケになることを信じて応援し続けよう。



“時に、良いことはバラバラに壊れてしまう。でも、そのおかげでさらに良いことが訪れるんです”


マリリン・モンロー



ルーズベルトゲームを制したが猛暑との戦いに手こずった





一言で表せば、神宮球場でのヤクルト-横浜戦らしいとんでもない試合だった、と言うことになるが、猛暑という共通の敵の存在が両チームを苦しめた。


私が異変に気づいたのは、スワローズ先発の吉村投手が初回に22球を投じた後、2回に25球を費やして4失点とベイスターズ打線につかまった際の彼の表情だった。


吉村投手の顔から大粒の汗が噴き出していることがテレビ画面を通してはっきりとわかる。


いや、はっきり分かるなどというレベルではない。尋常ではない量の汗から察するに、昼間の暑さのこもるグランドやベンチ内の気温は危険なほど温度が上昇していたのだろう。


その厳しい状況にあるマウンド上の吉村投手、2回表のベイスターズ打線は6番山本祐大選手と8番度会隆輝選手のヒット、そしてジャクソン投手のバントにより二死二、三塁となり打順がトップバッターに還って梶原昴希選手。


今期になって成長がさらに加速した梶原選手の打席には落ち着きが感じられる。


吉村投手の2球目、外角高めのストレートに逆らわず左方向にきっちり打ち返し、これが先制2点タイムリーとなった。


さらに、二死一塁の場面で打席に入ったタイラー・オースティンがインハイのストレートを引っ張って左中間に運んだ。



少しつまったように見えたが、さすがのパワーでスタンド最前列まで持っていった。


このところよく見かける打線がつながったビッグイニング。


これで4-0となり、試合を支配できるかと思ったが、この予想は完全に裏切られた。


アンドレ・ジャクソンは3回裏にワイルドピッチで1点を失っていたが、4回になって明らかに様子がおかしかった。



先頭のオスナ選手と中村悠平選手をフォアボールで歩かせ、続く山田哲人選手にライト線を破るツーベースヒットを許して1点を失う。


続く丸山選手は三振に打ちとったが、代打西川選手が打席に入ったところでジャクソン投手はマウンドを外してしゃがみ込んでしまった。


すぐに内野陣が駆けつけ、オースティンがベンチに飲み物を要求したが、トレーナーに付き添われてベンチに戻り、そのまま降板した。




熱中症のような症状だったということだったが、大量の汗をかいていた吉村投手ではなく、ジャクソン投手の方に問題が発生するとは意外だった。


しかし、調べてみると、汗が出ない方が熱中症の危険性が高いという説もあるようで、特に昨日のような高温多湿の状況だと汗が出にくく熱中症になりやすいとのこと。


ジャクソン選手以外にも、宮﨑敏郎が体調不良で途中退場したほか、山本祐大捕手もイニング間に治療と冷却の時間をとるなど大きな影響が生じた。


今日も暑いに決まっているが、夜には小雨が降るという予報でもあり、多少は良いだろうか。


先発予定の石田裕太郎投手はじめ、選手の皆さんには水分補給や冷却などの対策を十分にとってもらいたい。


ビジターということで出来ることは限られるかも知れないが、ベンチ裏でのミストによる冷却など手を尽くしてくれることだろう。


ジャクソン投手に代わって急遽登板したのはこのところ出番の少なかった佐々木千隼投手だったが、西川選手のファーストゴロの間にまず1点、続いて長岡選手に右中間を破るツーベースヒットでさらに1点、4-4の同点に追いつかれてしまった。


佐々木投手は回またぎで5回にも登板したが、一死走者なしで村上選手にソロホームランを被弾した。


3-0からの4球目、高めに浮いたボールを見逃してはもらえなかった。


これで4-5と逆転され、流れとしては完全にスワローズに傾いた。


しかし、タレント豊富な現在のベイスターズ打線には色々な引き出しがある。


直後の6回裏、先頭の度会隆輝が3-1からの5球目、アウトコースのボールを左に打ち返すと速い打球が左中間を抜けていくツーベース。


森敬斗の進塁打の後、再び梶原昴希がセンター前にタイムリーヒット。あっさりと5-5の同点に追いついた。


ここでとまらないのが今の打線の勢いだろう。


タイラー・オースティンが今度はライトスタンドにツーランホームラン。これで7-5と逆転した。



その後、中川虎大投手が7回、オスナ選手にソロホームランを許して7-6と追いすがられると、直後の8回表に宮﨑に代わって出場した柴田竜拓が二死一、二塁で決勝タイムリーを放った。


守備ではチームに貢献している柴田選手だが、攻撃面で活躍するのは実に久しぶりという印象だ。




9回裏にはクローザーの森原康平が登板したが、打高投低の試合の流れは変えられず、オスナ、松本、丸山の三本のヒットで1点を失い8-7となっていただけに、柴田のタイムリーは非常に大きな価値を持つものだった。


良くある神宮花火大会に加えて熱中症の影響も生じたこの試合は、8-7、俗に言うルーズベルトゲームをベイスターズが制する形で決着がついた。



リーグで得点数1位のベイスターズと2位のスワローズの戦いらしくノーガードの殴り合いのような試合となったが、第二戦はどうなるだろうか?


石田裕太郎投手の制球力でロースコアの展開になってくれることを願っている。


2日続けてこんな打撃戦じゃ選手もファンも身が持ちませんわ。

久しぶりに出た“良い方のハマちゃん”の完投で首位に並んだ





首位ジャイアンツとの3連戦は負け越したものの、昨日の第三戦は投打が噛み合った非常に良い勝ち方だったので、今日からの2位カープとのカードも期待が持てそうだ。


初戦の先発は誰だっけ、あっ、そう言えばハマちゃんだった。


前回の登板時にスワローズの打者たちの待球作戦で粘られ、4回で100球を超えて降板した姿が思い出される。


ああ、またハマちゃんの苦しそうな、バツの悪そうな顔を見ることになるのか。


あれを見ていると辛くなってくるんだよな。


獣神ライガーのマスクかなんか被って投球してくれないかなあ。



私の心には梅雨空のように濃淡の異なる様々なグレーの雲が重なり合って垂れ込めているのであった。



しかし、その梅雨空の下、今日こそは“良い方のハマちゃんの順番に当たってカープの打者達をキリキリ舞いさせてくれるのではないか”と言う淡い期待も持っていた。


私の人生を通じた統計データでは、“淡い期待”は9割がた裏切られることになっている。


きっとまた、初回からフォアボールの嵐で塁上にランナーが渋滞するような状況になるのだろう、と思っていました。


思っていましたが、淡い期待が叶うことってあるんだね。


ああ、神様って居るんだね。


結論から言うと、今日の濵口遥大投手は力強く、しかもよく制球された(!)ストレートを軸に、得意のチェンジアップにスライダーやフォークボールも織り交ぜて素晴らしいピッチングを見せてくれた。


9回を123球で投げ切り、被安打4、奪三振8、与四球2、死球1、失点1(自責0)の完投勝利を飾った。


ハマちゃんってこんなにコントロール良かったっけ、と思うほどコースにビタっとストレートが決まり、低めのワンバウンドするようなチェンジアップで空振り三振がとれていた。



1失点というのも7回一死二塁で難しいショートゴロを処理した森敬斗の悪送球がカメラマン席に飛び込んだためで、あれが無ければ完封の可能性もあった(自責点はなし)。


なんだ、やれば出来るじゃないか、と思うのだが、また次の登板はどうなるか見当もつかないのがハマちゃんなんですけどね。


試合後のヒーローインタビューで本人も言っていた通り、9連戦の7戦目で、このところ疲弊気味のリリーバー達を昨日のケイ投手に続いて休ませることができたのはチーム全体にとって大きな価値を持つ。


ハマちゃんの久々の快投は打線が序盤から活発で、カープ先発のアドゥワ投手から得点を重ねたことによる部分も大きいだろう。


初回、梶原昴希がゴロで一、二塁間を破るヒットで出塁すると、タイラー・オースティンの休養日で久しぶりに2番に入った度会隆輝もどん詰まりが幸いしたポテンヒットで無死一、二塁のチャンス。


ここで好調の佐野恵太がインコースのボールを掬い上げた。


ポコン、という音が聞こえたような打球は詰まって見えたが思いのほかのびて、ライトのコーナーの辺りまで飛ぶタイムリーツーベースヒット。



牧秀悟は三振で倒れたが、宮﨑敏郎のセンターへの犠牲フライで2-0として、幸先の良いスタートを切った。


2回裏にも、一死走者なしで打席に入ったハマちゃんが強烈なピッチャー返しでアドゥワ投手のグラブを弾き、予期せぬ方向に向かった打球が名手菊池選手のエラーを誘った(投手強襲の内野安打としても良いとは思うが)。


すると、またもや梶原、度会の連打で一死満塁となり、佐野恵太のセンターへの犠牲フライで1点追加。3-0とリードを広げた。


浅いフライだったがハマちゃんがタッチアップから必死に走って生還した。


思うに、今日のハマちゃんは攻守ともにかなり必死だったようだ。


さらに、3回裏には、二死から京田陽太がセンターへのツーベースで出塁し、続く森敬斗がコンパクトに強振してライトの右をライナーで破るタイムリーツーベースで加点。4-0とした。


ベイスターズの勝利を決定的なものとしたのは4回裏の牧秀悟のツーランホームラン。


二死からライト前ヒットの佐野恵太を一塁に置いて、アドゥワ投手の変化球(フォークボールかな)が真ん中やや低めに来たのを見逃さず、上手くすくって左中間スタンド最前列まで運んだ。



これで6-0となり、試合をほぼ決めたと言って良いだろう。


昼の試合でジャイアンツがタイガースに2日連続の完封で敗れたため、ともに貯金5で並び、ベイスターズはゲーム差無しの単独2位に浮上した。


とは言っても、セントラルリーグのペナントレースは、現在、1〜4位までがわずか0.5ゲーム差の中でひしめく大混戦なので、巨人、横浜、広島、阪神の4チームはほぼ横一線と考えた方が良い。


今はこれで良い。


オールスターが終わり後半戦が再開された時点で、上茶谷大河、ウェンデルケン、伊勢大夢が1軍に戻ってくるタイミングで、強力なブルペンを背景にロングスパートをかけ始めると言うのが優勝への中央高速だと思う。


明日の先発は新人の石田裕太郎。


玉村投手との同学年対決だ。


そろそろ相手打者に対策され始める頃だが、石田投手自身も語っていたように、こちらも負けじと対策を練っている筈だ。


頑張れ石田、負けんなよ!