mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

悪夢のような逆転負けの後の長く暗い夜にも天使はいる





昨日のジャクソン投手は良かったですね。


球数が多い点は改善しなくてはならないが、ストレートの球威はオープン戦の頃の状態に戻ってきたのではないだろうか。


レフトからの中継ミスが無ければ勝ち投手になっていたところだった(自責点は0)。


その後、徳山、伊勢、森原、山﨑、石川、松本凌、森唯斗という7人のリリーバーを繰り出してその間わずか1安打に抑え込んだ。


終盤はベイスターズの方が押し込んでいただけに、1-1の引き分けは勿体無い感じもするが、ブルペン陣の強化という成果が出たのであれば良しとしよう、と今日の試合の8回あたりまでは思っていた。


というのが懐かしく感じられるほど、それから色々とあった。


今日の試合では、ハマちゃんがハマちゃんらしく四球でランナーを出すピッチングだったが、ギリギリのところで抑えるというイニングが続いていた。


タイガースが先制したのは5回表、先頭の伊藤が投手ながらヒットで出塁し、その後フォアボール2つで二死満塁となった。


ここで、とうとうハマちゃんはノイジーに押し出しのフォアボールを出してしまった(最後のボールはストライクだろ!という遠吠えが全国300万人(推定)のベイスターズファンから出たとか)。


5回終了時に雨脚が強まり、このままコールドかと思われたが中断後に再開。


7回裏、そこまでノーヒットに抑えられてきた伊藤投手に対して先頭の佐野恵太がチーム初ヒットで出塁すると、宮﨑のヒット、楠本の進塁打で二死二、三塁となり、山本祐大がセンター前への2点タイムリーヒット。


さらに、石上泰輝のライト前ヒットを森下選手が後逸する間に山本も生還して3-1。


このまま勝てばかなり気持ちの良い快勝になるはずだった。


中川颯もプロ入り初勝利を手に入れるはずだった。


8回は森原康平があっさり三者凡退に打ち取り、勝利への期待感が横浜スタジアムを包んだ。


そして9回表にヤスアキジャンプの人が登場。


ちょっと嫌な予感はしたのだ。


いや、僅差でリードした9回はいつも嫌な予感はしている。今日も同じだったのかも知れない。


その後の詳しい展開はあまり思い出したくもないが山﨑投手は先頭の糸原選手から三連打を浴びて無死満塁。


続く森下選手に押し出しのデッドボールを与えたところで三浦監督がたまらずベンチから飛び出して交代を告げた。


しかし、続いてマウンドに上がった徳山壮磨は準備ができていたのだろうか?


できていたとしても、今年初めて一軍で投げた投手に雨の中、3-2の一点差、無死満塁でバッターは4番という過酷な状況を任せるのは感心しない。


結局その後、タイムリーヒット2本と押し出しで3点を失い、3-5で敗れた。



5回終了時の雨天中断でそのままコールドとなり0-1で負けていたら、普通の負けだった。


その後逆転して希望と期待が膨らんだ後の手ひどい再逆転負けだけに、全国300万人(推定)のベイスターズファンは大きな精神的打撃を受けた。


打たれた山﨑康晃、徳山壮磨はまだ細かい雨の降り続くこの長く暗い夜をどうやって過ごしているのだろうか?


彼らと、そして試合終了後ずっと沈んでいる自分自身の心のために、ちょうど20年前に亡くなった中島らもさんの文章を書いておきたい。


多かれ少なかれ絶望感を持った全国300万人(推定)のベイスターズファンのみなさんの心が少しでも和やかになれば幸いである。



その日の天使  中島らも


死んでしまった ジム・モリスンの、
なんの詞だったのかは 忘れてしまったのだが、
そこにThe day’s divinity, the day’s angelという言葉が出てくる。


英語に堪能でないので、おぼろげなのだが、
ぼくは こういう風に 受けとめている。


「その日の神性、その日の天使」


大笑いされるような誤訳であっても、別に かまいはしない。


一人の人間の一日には、必ず一人、
「その日の天使」がついている。


その天使は、日によって様々な容姿をもって現れる。


少女であったり、子供であったり、
酔っ払いであったり、警察官であったり、
生まれて直ぐに死んでしまった、子犬であったり。


心・技・体ともに絶好調の時は、これらの天使は、人には見えないようだ。


逆に、絶望的な気分に おちている時には、
この天使が一日に一人だけ さしつかわされていることに、よく気づく。


こんな事がないだろうか。


暗い気持ちになって、冗談でも”今自殺したら”などと 考えている時に、
とんでもない友人から電話が かかってくる。


あるいは、
ふと開いた画集か なにかの一葉によって救われるような事が。


それは その日の天使なのである。

一昨日の試合の答え合わせと今日の阪神戦の展望





快勝した20日の試合の後の記事で、この打線のつながりがホンモノかどうかはその翌日つまり一昨日(4月21日)の試合で検証できるだろうと書いた。


5連敗中は最高でも3得点という得点力不足に悩んでいたベイスターズ打線が、連敗を脱出した20日の試合では8安打で7点を挙げて打ち勝った。


確かに、この日の5回表、二死から5連打で4点を挙げた攻撃は往年のマシンガン打線を彷彿とさせるものだったが、古巣相手に気負って5回で5つの四球を与えた阪口投手の自滅という側面も少なからずあったので、果たして手放しで喜んでよいものかという疑念は残った。


そして一昨日の試合。前回対戦では沈黙させられたヤフーレ投手を攻略できるか否かが試金石になるだろうと書いたのだが、その思惑は大きく外れた。


ヤフーレ投手も自滅してしまったのである。


8-3の大差で連勝。



わずか1回1/3で被安打6、与四死球4というヤフーレ投手の予想外の乱調はベイスターズ打線が攻略したというよりは、初回先頭の度会隆輝にデッドボールを与えてからヤフーレ投手自身が不安定になってしまったという印象だ。


つまり、ベイスターズ打線が復調したか否かは未だ検証されていない、というのが私の慎重な見方なのだ。


今日の横浜スタジアムでの阪神戦の先発は昨シーズンの新人王にして最優秀防御率、MVPでもある村上頌樹投手。


この人は自滅しないでしょう。


いや、前回対戦となった4月2日京セラドームでの試合では被安打7、与四球1で5失点という結果であり、村上投手としては反省すべき点が多いと感じているかも知れない。


しかし、この試合では初回に佐藤輝明選手のエラーが失点につながったという経緯があり、村上投手の自責点は1に過ぎない。


しかも、その後2回の登板で村上投手はいずれも7回1失点以下の好投を続けており、4月2日に見られた「付け入る隙」は既に閉ざされていると見るべきだろう。


ベイスターズ打線がもし今の村上投手から3点奪うことができれば、今後のチームの盛り返しに大いに期待を持つことができる。


村上投手に対して昨年比較的良く打っているのは、


宮﨑敏郎 .556
関根大気 .444
桑原将志 .333
京田陽太 .286
佐野恵太 .273
山本祐大 .250


と言ったところ。


このうち4月2日に対戦のあった宮﨑、佐野、関根、山本はいずれもヒットを記録している。


これらの点を考慮すれば、今日のスタメンは以下のようなものだろうか。


1番 度会隆輝 ライト
2番 関根大気 レフト
3番 佐野恵太 ファースト
4番 牧秀悟  セカンド
5番 宮﨑敏郎 サード
6番 山本祐大 キャッチャー
7番 京田陽太 ショート
8番 桑原将志 センター
9番 ジャクソンピッチャー


恐らく宮﨑は村上を得意にしており、村上もそのことを認識していることは試合前の彼へのインタビューでも明確なので、1〜4番が出塁してプレッシャーをかけられるか否かが勝負のポイントになると思う。




一方のディフェンス面では、一昨日の試合で4月12日以来となる無失策を記録した。


エラーがないことがニュースになるようではいけないのだが、引き続き無失策で先発のジャクソン投手をサポートするのは最低限達成してほしい。


そして問題はそのアンドレ・ジャクソン投手。


前回の阪神戦では、好調だったオープン戦の勢いそのままに力強いフォーシームと大きく曲がるナックルカーブでタイガース打線を抑えたが、その後の2試合では制球を乱し、チェンジアップを打たれて敗戦投手となっている。


特に、4月16日のカープ戦では、2回1/3で被安打7、被本塁打1、与四球4、失点8(自責8)と大炎上している。


ともかくストライクを取るのに四苦八苦しており、ピッチングにならなかったという印象。


阪神のアナリスト達もこの試合は当然観ており、これを踏まえれば、今日の試合ではボールをよく見る待球戦術で臨む可能性が高い。


唯一の勝機は、これが裏目に出ることだろう。



つまり、横浜スタジアムで寒過ぎない条件の中、ジャクソン投手が本来の自分の投球を取り戻し、ストライク先行のピッチングで序盤を立ち上がれた場合、タイガース打線は受けに回ってしまう可能性がある。


その間にベイスターズ打線が1点でも先制出来ていれば、面白いゲームなる。


その場合の勝利の趨勢を決めるのは、今日のジャクソンはストライク先行だと判断した後に積極的に振ってくるタイガース打線をかわす山本祐大の配球とそれに応えるアンドレ・ジャクソンの制球だ。



6回を2失点以内に抑えてくれれば勝機はなくはない(あるとは言わない)。


いずれにしても、引き分けを挟んで6連勝中の首位タイガースとの対戦が簡単な訳はない。


しかし、必ずチャンスはある。それを掴むことができるかどうか。


でもねアンタ、本当は、先方だってそろそろ負ける頃なんじゃないか、なんて心配しているところなんだよ。


筒香復帰のその日に連敗ストップ 今日繋がった打線は明日の試合で真価が問われる




今日は午後1時から横須賀スタジアムでファームの読売戦が行われ、入団したばかりの筒香嘉智選手が早くも実戦に出場すると言う噂が前日から広まっていた。


早い人は午前4時からスタジアムに集まったとの由。


多くのファンの前で、真新しい白いホームユニフォームに身を包んだ背番号25が5年前と同じゆったりとした、しかし威圧感のある独特の構えで打席に入る。


4番、指名打者でスタメン出場。


この一瞬で5年間と言うブランクはどこかへ消えていってしまった。


忘れもしない2019年のクライマックスシリーズファーストシリーズ最終戦。


1-2とリードされた終盤に打席に立った筒香嘉智の姿を私は現地横浜スタジアムで食い入るように見つめていた。


この打席がベイスターズのユニフォームを着た筒香の姿を見る最後の機会になるだろうと思ったからだ。


しかし、今日、デザインの変わったベイスターズのユニフォームを着た筒香を見ると、あの小雨の降っていた10月の夜のハマスタの翌日の試合であるかのような錯覚を覚える。


そうだ。


中華街やランドマークタワーがずっとそこにあり続けるように、やっぱり筒香はここにいるのが当たり前なのだ。


最初の打席は初球デッドボールと言う予想外の結果だったが、抜けた変化球だったのでさほど痛くはなかっただろう。


そして第3打席、二死二塁で3-1からジャイアンツ先発メンデスの5球目を捉えると鋭い打球が二遊間をあっという間に破ってセンター前に抜けていった。



セカンドから仲の良い柴田竜拓が生還して3点目となるタイムリーヒット。


筒香はこの打席で交代したが、チームは5-1で勝ち、こちらも盟友の石田健大が勝利投手となった。


今日の出来であれば、近いうちに一軍のマウンドで彼を見ることになるだろう。


恐らく意図的なものだと思うが、投球間隔が短く、非常に良いリズムで投げているのが印象的だった。


何はともあれ、戻って来てくれた筒香嘉智が幸先の良いスタートを切ることができたのが朗報だ。



そして、夕刻になると6時から神宮で1軍のヤクルト戦。


こちらはアンソニー・ケイと阪口皓亮の先発でスタート。


阪口投手は古巣相手ということで少し気負ったか、初回から5回まで毎回のフォアボールで走者を出す苦しいピッチング。


被安打6、与四球5、失点7という悔しい結果となった。


5連敗中は最多でも3点しか取ることのできていないベイスターズ打線が、今日は5点以上を挙げることができるかどうかという点について注目していたが、これはクリアしてくれた。


初回には一死から四球で出塁した関根大気がディレイドスティールを決め、その直後に佐野恵太がライト右にクリーンヒットを放つという流れるような攻撃で先制点を挙げた。




さらに2回、やはり四球の山本祐大を一塁に置いて今日が30歳の誕生日の京田陽太が右中間を破るタイムリースリーベースで加点。



京田は続くケイの叩きつけた高いバウンドのセカンドゴロの間に自らも生還して3点目。


5連敗中の重苦しい雰囲気を一気に軽くしてくれる序盤の攻撃だった。


その後、2回裏、3回裏と続けて長岡選手、村上選手のタイムリーで3-2に追い上げられ、ああ、今日もひっくり返されるのか?と嫌な予感がし始めたが、今日は絶好のタイミングで中押しができた。


5回表、二死から佐野恵太の四球をきっかけに、牧秀悟、宮﨑敏郎、楠本泰史、山本祐大、京田陽太の5連続安打で一挙に4点を挙げたのだ。



これで7-2と久方ぶりの大きなリードを奪うことができた。


しかし上がり調子のスワローズ打線を抑えるのは決して簡単ではない。


直後の5回裏には、塩見への四球から無死一、三塁でオスナの併殺打の間に1点を失う。


ケイ投手は7-3の5回に勝ち投手の権利を保って降板したが、2番手の上茶谷大河が今日は不調だった。



代わりばな、6回先頭のサンタナ選手に今シーズン初となるソロホームラン許し7-4まで追い上げられると、西田選手への四球、長岡選手のライト前ヒットで一死一、三塁のピンチを迎え上茶谷は降板。


この難しい局面は若い石川達也投手に任された。


石川はここで代打青木宣親を6-4-3のダブルプレーに打ちとり攻撃終了。


彼がこのピンチを最小失点で乗り切ったのが今日の最大の勝因だった様に思う。


その後は徳山壮磨、山﨑康晃、森原康平の3投手が7〜9回を全て三者凡退で抑え、そのままゲームセット。


ようやく連敗から脱出することができた。


しかし、未だ手放しで喜べる状態でもなさそうだ。


気になる点は以下の通り。


レフト楠本泰史の守備難がスワローズに狙われており、レフト前ヒットがツーベースになることが今日の試合だけで2度あった。


VTRを見ると決して瞬足ではないオスナ選手とサンタナ選手がファーストベースを回ってから全く減速することなく一目散にセカンドを目指し、クロスプレイながらセーフとなっている。


これはチームとしてそう言う指示が出ていると見るべきだろう。


これには、ベイスターズベンチも流石に気がついたようだ。


6回の攻撃で楠本がタイムリーを打ったタイミングで代走桑原将志を起用してそのまま守備固めに入れさせた。


明日の試合では、楠本の打席での勝負強さは是非とも必要だが、守備面まで考えるとやはり代打起用というのが合理的ではないか?


そして、今日もエラーが出た。


記録上はサード宮﨑の失策ということになっているが、実際は、ファースト佐野にも問題がある。


宮﨑の一塁送球が少し左に逸れたのは事実だが、上手いファーストであればアウトにしているだろう。


ファーストベースから足を離してでもともかく捕球することを優先するような振る舞いだった。


先日の試合でも同じようなシチュエーションでファーストのオースティンがベースから足を離して捕球したことがあった。


ロペス、ソトと上手いファーストがバラつく送球を身体を伸ばしてしっかりキャッチすることに慣れていた我々ファンからすると、本来の守備位置ではない佐野やオースティンの守備は不安材料となる。


この点は一朝一夕には改善しにくいが、むしろサードやショートの一塁送球を速さよりもコントロール優先にする、等の指示が必要かと思う。



投手に関しては、昨日も今日もヤクルト打線にホームランを許している点が不安材料だ。


今シーズンはベイスターズ側のホームランが極めて少ない以上、この長打力の差は目立ったディスアドバンテージだと思う。


明日の先発大貫晋一が天敵の村上宗隆に先週に続いて被弾することのないよう、バッテリーは十分に注意する必要がある。




そして、今日繋がった打線が本当に底を脱したのか否か?


明日の先発ヤフーレ投手は今季すでに3戦3勝の好成績で、先週の横浜スタジアムでの対戦でベイスターズも6回無失点の好投を許している。


球威で圧倒するような投手ではないのだが、先週はストレートと全く同じに見えるフォームで投げ込むチェンジアップに各打者が手を焼いていた。


アナリスト主導と言われる今季のベイスターズ打撃コーチ陣がヤフーレ投手を攻略するための糸口を既に見つけており有効な対策を考案しているのかどうか?


打線復調の可否については、明日の対戦が試金石になるだろう。