mizuyashikiのブログ

横浜ベイスターズを中心にその時に考えていることを書きます。

アンドレ・ジャクソンを中5日で起用しまくる価値





選手の登録・抹消の公示というのは深読みすると色々な情報を含んでいることがわかる(単なる憶測に過ぎず全く見当はずれということも多いのだが)。


例えば、今日の公示で井上絢登選手の抹消が発表されたが、これはまず間違いなく軽度の肉離れで離脱していた宮﨑敏郎選手(6月7日抹消)が21日からの甲子園での阪神戦に合わせて登録されることを意味している。


宮﨑選手が横須賀のDOCKで守備や走塁も普通に行なっている写真がSNSでアップされていたのでこの点は期待して良いだろう。


そして、先発ローテーションに関連しそうな交流戦終盤の公示としては、


6月14日 大貫晋一(6月13日先発して勝利)抹消


6月17日 石田裕太郎(6月15日先発して勝利)抹消


の二つがある。


また、交流戦明けの休日があるにもかかわらず以下の投手については抹消の公示がなかったことも意味を持つ。


アンドレ・ジャクソン(6月11日先発して勝利)


アンソニー・ケイ(6月12日先発して勝利)


濵口遥大(6月14日先発して勝利)


東克樹(6月15日先発して勝利)


彼らについては、それぞれ10日以内に次の先発予定が組まれているため、抹消して他の選手を登録・起用することができないのだ。


これらのことから考えて、ジャクソンを21日の甲子園での対阪神第一戦、ケイを翌日の第二戦に起用することは明らかだ。



そして彼らに続いて13日に先発し勝利投手となった大貫晋一は14日に抹消され最速の再昇格は24日であるため23日の第三戦には投げられない。


そうなると阪神戦を得意としている濵口遥大を第三戦に起用し、25日の巨人戦に中5日で東克樹を登板させるというプランが見えてくる(この二人の順序は逆ということもあるかも知れないが、15日に116球で完封している東の登板間隔をあけたいと思っているはずだ)。





さて、ここで注目すべきはアンドレ・ジャクソン投手がMLBの時に慣れた中5日の登板間隔を希望しており、実際、過去二回の登板は中5日で好調を維持していることだ。


リーグ戦再開後には首脳陣は彼をこのペースで回すことを優先的に考えるのではないだろうか?


もしそうだとすると、彼の登板は、


6月21日金曜日 阪神戦(甲子園)
6月27日木曜日 巨人戦(横浜)
7月3日水曜日 ヤクルト戦(横浜)
7月9日火曜日 中日戦(横浜)
7月15日月曜日 広島戦(横浜)
7月21日日曜日 ヤクルト戦(神宮)


と全く無駄なく繋がることになる。特に、15日月曜日の祝日に彼がうまくはまってくれることで9連戦の影響がかなり緩和される。



この場合、オールスターまでの26試合のうち6試合をジャクソン投手に任せることができる訳で、必ずしも枚数の豊富ではないベイスターズ先発投手陣にとっては救世主的な存在となる。


もちろん、ジャクソン選手の登板する曜日が週によって異なるため、誰かが穴を埋めなくてはならない。


まず、6月28日金曜日の中日戦は再登録して大貫、そして7月4日木曜日のヤクルト戦に休養十分の石田裕太郎をあてる。この場合石田投手は2週間以上登板間隔があくので恐らくイースタンで調整登板を入れるだろう。





7月10日水曜日の中日戦は中7日で東で良いだろう。そして、7月16日の広島戦までには現在イースタンで順調にイニング数を増やしている平良拳太郎が間に合うはずだ。





以上をまとめると次の表の通り。





こうして見ると、どのカードも結構太刀打ちできそうな気がしてくる。少なくともオールスター前に先発陣が破綻するといった事態は避けられるはずだ。


東、ジャクソン、ケイについては打ち込まれる日があったとしても簡単には抹消しないと思うが、ハマちゃん、石田裕太郎については場合によってはローテーションから外れることがあるかも知れない。


その場合には、平良拳太郎の昇格を早めるか、あるいは懲りずに森唯斗を起用する、もしくはブルペンデーにするといった対応をとるだろう。


現状3本柱と言って良い東、ジャクソン、ケイについては2勝1敗のペース、他の投手については勝ち負け同じとすると、オールスターまでの26試合を15勝10敗1分となる。


トータルでは47勝41敗2分の貯金6


この時点で首位に立っているかどうかは他のチーム次第だが、優勝争いを演じることのできるポジションにはつけているだろう。


この辺りをベースラインと見立てて、金曜日からの戦いを見守ることにしよう。

孝行息子のマダックスで7連勝





先週日曜日のソフトバンク戦で初先発し、初勝利を挙げた新人の石田裕太郎投手は試合後のヒーローインタビューで、チームの連敗をストップしこれから連勝の起爆剤になりたい、と語っていたが、それが実現した。


あれから、チームはZOZOマリンでロッテをスイープし、ジャクソン、ケイ、大貫という先発投手に全て勝ちがついた。


その勢いをかってベルーナドームにのりこむと、ハマちゃんと東克樹で連勝。ここでも先発の2人が勝利投手となった。


そして迎えた今日の交流戦最後の試合。


6人の先発ローテーションが一周して再び石田投手の出番が巡ってきた。



昨日の試合でハムストリングの肉離れを発症した蝦名達夫は登録が抹消され、代わって桑原将志が1番センターに入った。


その桑原は第一打席でライオンズ先発の渡邉勇太朗投手のインコースのボールを引っ張りツーベースヒットで出塁。


そして、打席にはなぜか得点圏に巡り合わせる度会隆輝。


度会選手は2-2からのストレート、高めのボール球だったと思うが、バットを上からかぶせるようにして打ち返しセンター前への先制タイムリーヒット。


これで球団の新人記録となる6試合連続適時打を達成した。



1-0とリードした状態でマウンドに上がった石田投手は初回の初球を奥村選手にレフト前へと運ばれ、続く滝澤選手に一球で送りバントを決められたが、その後、内野ゴロと見逃し三振でスリーアウト。


無失点で切り抜けた。


これで緊張が解け、投球にリズムが出てきたように見えた。


今日の石田投手はストレートがほぼ全てシュート回転しており、その球質に関しては前回のホークス戦の方が良かったように私は感じていた。


しかし、そのシュート回転のストレートを左バッターのインコース(右バッターのアウトコース)からストライクゾーンに入れるフロンドア(右打者の場合はバックドア)として活用していたようだ。


ライオンズの渡辺監督代行の試合中のコメントで、石田投手のシュート回転の軌道に打者が戸惑っているという言葉があったが、その言葉通り、随所で見逃しの三振があった。



昨日の記事で、東克樹がその日の状態に合わせて勝つために最善の対策をとることのできる「勝つ投手」になった、と書いたが、石田投手にも同じような能力を感じる。


昨日に続いてスタメンマスクを被った山本祐大捕手の力もあるのだろう。石田君も「祐大さんのおかげ」と思っているかも知れない。


リズムを掴んだ石田-山本バッテリーは2回から5回まで三者凡退を続け、味方の攻撃に勢いをつける。


石田投手のテンポの良い投球は守備でも打撃でも野手の集中力を高める効果があるように思う。


そして6回、先頭のタイラー・オースティンが渡邉投手の甘く浮いたボールを見事に捉えて交流戦トップの5本目となる7号ソロホームランで加点。



さらに、フォアボールと佐野恵太のラッキーなツーベースでもう一点追加して3-0とリードを拡げる。


この追加点で石田投手に余裕が生まれた。


その裏のライオンズの攻撃で二死をとった後、奥村選手にレフトフェンス直撃のツーベースを許したが、続く滝澤選手を落ち着いてフォークボールで空振り三振に打ちとり無失点で抑えた。


7回も三者凡退だったが、8回に二死から西川選手のヒットと代打栗山選手のレフト線上にポトリと落ちるヒットで一、三塁のピンチを迎えた。


このピンチにも、本人は腹を括っていた。


“3点差あった。


四球とホームランが1番良くないと思ったので、ヒットでもいいやぐらいな気持ちで投げた”


結果的に、それまで2本のヒットを打たれ唯一タイミングのあっていた奥村選手を良い当たりながらサード正面のライナーで打ちとった。


そのイニングが終わりベンチに帰ると、三浦監督から「どうする?」と聞かれたそうだが、余力があると感じていた石田投手は「もう一回行かせてください」と言ったとのこと。


そして9回表には、その石田投手を打線がさらに援護した。


森敬斗が四球、桑原将志が今日2本目のツーベースで出塁すると、またもや度会隆輝が犠牲フライで得点。


続いて、オースティンのタイムリーも出て、5-0とほぼ試合を決めた。


こうなると、石田裕太郎の初完封への期待が膨らむ。


いや、ただの完封ではない。8回終了時点で投球数が87だったので、100球以下での完封つまりマダックスの可能性が浮上してきたのだ。


9回裏、まず、先頭の山野辺選手はシュート回転で入ってくるストレートを見逃して三球三振。


ここまででちょうど90球。


続く長谷川選手は2球目を捉えたが、牧に代わってセカンドの守備を固めていた林琢真がジャンプ一番好捕してツーアウト。


これで投球数は92。


そして、最後の打者となった4番元山選手は0-2からセカンドゴロに倒れゲームセット。


投球数95で完封、見事にマダックスを決めて、自身が始めた連勝を7まで伸ばした。




試合後のヒーローインタビューでは、初完封やマダックス達成について質問があり、彼らしく穏やかに答えていたのが印象的だった。


石田投手のお父様は熱烈なベイスターズファンで、裕太郎少年が野球をやりたいと言った時にベイスターズファンになることを条件に許したという逸話が広く知られている。


ベイスターズファンにも有名になったこのお父様は初勝利を挙げた横浜スタジアムにはいらっしゃらなかったようだが、今日の所沢では現地観戦だったとのこと。


インタビュアーからお父さんに一言と促され、「父の日ということなので、いつもありがとう」とはにかみながら語っていた。


こんな孝行息子の活躍を間近で見ることができ、お父様はさぞかし嬉しいことだろう。


三浦さんと並んで目を細めている姿を想像してしまった。


裕ちゃん、これからもよろしくね!


「勝つ投手」になった東克樹の粘りの完封で6連勝





「凄い投手」と言うカテゴリーがある。


彼らは球威で打者を支配し、三振の山を築く。


「速い投手」と言うカテゴリーもある。


彼らはともかくストレートが速い。彼らの投じる球体の高速移動は物理現象として魅力的であり、プロ野球というスポーツの花形の一つである。


「上手い投手」と呼ばれる人たちもいる。


彼らは打者との駆け引きに長けており、球種やコースに関する打者の読みの裏をかき、タイミングを外して本来のバッティングをさせない。


東克樹と言う投手は、これら三つの要素をそれぞれ少しずつ持っているように感じるが、どれにも当てはまらない。


トミージョン手術後の長いリハビリを経て、昨シーズン、最多勝と最高勝率のタイトルを獲得し復活した彼は「勝つ投手」になったのだ。


「勝つ投手」というのは、登板する日の自分の調子や身体の状況そして相手チームの打線の状態や戦略を鋭敏に感じ取り、ゲームの中の全ての局面で「勝つ」ために最善の方法を考え、それを実行できる投手だ。


「勝つ投手」になった東克樹は、相手チームの分析や対策が強化された中で毎日勝つために最善の方法を常に考え、実践している。


今日の東投手は、ブルペンで「どうしようか」と思うほど調子が悪かったそうだ。


初回こそ三者凡退で抑えたが、2回から4回まで毎回三塁にまで走者を進められるピンチの連続だった。


球威、コントロールともにいつもの投球には及ばず、好調とは言えないライオンズ打線に5回までに5安打、1四球を許した。


気のせいか腕の振りがいつもより鈍く、ストレートで空振りが奪えない。


変化球のキレと制球ももう一つでバットに当てられてしまう。


毎回のピンチにも三振をとることは出来ず、「上手い」ピッチングでなんとかタイミングを外し外野フライなどでアウトを重ねた。


まさに我慢のピッチングだった。


しかし、転機は6回に訪れた。


昨シーズンの投球内容の好転も腕の角度を変え、サイドスロー気味に下げたことから始まったが、今日の修正も同じポイントだったらしい。



今シーズン、カットボールを横に鋭く曲げるために腕の振りがやや縦に戻っていたことに気がついた彼は、今日の試合の6回にマウンドに上がり5球の投球練習で腕の位置を下げる修正を行なったとのこと。


最適解を見つけそれを実行に移すことができる、まさに私の考える「勝つ投手」の本領発揮だった。


その後、6〜9回の4イニングは被安打2、与四球0、奪三振2で危なげなく乗り切った。



「どうしようか」と思うほどの不調からスタートして、今シーズン初めての完封勝利をつかみ取った東克樹の「勝つ投手」としての安定感は球威や制球に優れていた昨シーズンよりもさらに高まっているようにすら感じる。




さて、打線の方は、「裕大のおかげ」でお馴染みの山本祐大捕手が2回二死からソロホームランで先制して東投手を盛り立てた。


そこまで支配的な投球を続けていたライオンズ先発のエース高橋光成投手のカットボールが真ん中に入ったのを見逃さず、バットに乗せてレフトスタンド最前列まで運んだ。



やや失投気味のボールだったが、追い込まれてから反応できた彼のバッティングは単に好調というだけではなくホンモノになったと思って良いだろう。


3回には森敬斗と蝦名達夫のいずれも詰まった当たりのヒットで掴んだ一死一、三塁のチャンスで度会隆輝のサード右への鋭い当たりにサードランナーの森がホームへ突っ込んだ。


タイミングはアウトだったが、サードからの送球がファースト側にずれた上に森敬斗が右に回り込んでホームからは遠い右手でベースに触れるというアクロバティックな動きでキャッチャーのタッチをかわして生還した。



ライオンズベンチからリクエスト要求があったが判定は変わらず2点目が認められた。


記録上はサードのフィルダースチョイスだが、相手のエラーではなく森敬斗のファインプレイとして讃えられるべき追加点だったと思う。


さらに、5回にも森敬斗のレフト線のヒットと悪送球で一死三塁となり、再び度会隆輝が今度は高橋光成の153キロのストレートを見事に弾き返してセンター前に抜けるタイムリーヒット。


これで新人選手の5試合連続適時打という球団記録を作ったことになる。



度会は再昇格後には選球眼も向上し、逸る気持ちを抑えて打つべきボールをしっかり見定めることができるようになった。


まだ守備には課題も多いが、チームに勢いをつける存在として上位で使っていって欲しい。


そもそも投手豊作と言われた昨年秋のドラフトで競合覚悟で一位指名した時から、今シーズンは彼と心中するくらいの覚悟で使っていく腹を括っていたはずなのだ。


これで3-0とリードを拡げ、一方、既に書いたように、この直後、東克樹は自身のピッチングを修正する方法を掴んだことからベイスターズの優位はかなりはっきりしてきた。


その中で、7回にダメ押しとなる4点目が入った。


走塁中にハムストリングを痛めた蝦名に代わった桑原将志が先頭打者としてレフトオーバーのツーベースで出塁し、その後、タイラー・オースティンのタイムリーヒットで生還した。


ホームへの送球の間にオースティンはセカンドまで進塁したが、その際に膝を打ったようだ。



いつものことではあるが、ハラハラさせられる。


試合後の三浦さんのコメントでは大丈夫とのことだが、少しでも不安があれば大事をとってリーグ戦再開時に万全の状態でいることを最優先に考えて欲しい。


今日で6連勝。先週の4連敗で6まで膨らんだ借金を完済し、交流戦もリーグ戦も3位にポジションを上げた。


思えばこの連勝は先週の日曜日に新人の石田祐太郎投手が強力ソフトバンク打線に果敢に挑んで掴んだ初勝利から始まっている。


交流戦最後の試合となった明日のライオンズ戦の先発はその石田投手。


童顔の彼の「野球が楽しくてしょうがない」という大きな笑顔をまた見せてくれることを期待しよう。


頑張れ石田、負けんなよ!